2分でわかるアメリカ

2016/12/16FRB議長と次期大統領、意気投合か冷戦か

アメリカの中央銀行にあたるFRBが14日、1年ぶりに政策金利の誘導目標を0.25%引き上げました。声明と同時に公表された金利見通しでは、2017年に3回の追加利上げを中心的なシナリオにしていることがわかりました。

会合後に記者会見したイエレン議長は、トランプ次期政権の財政策をにらみながら、金融政策を決めていく方針を示しました。利上げペースを加速させる可能性を示唆しました。声明と合わせタカ派的なトーンでした。

2017年に2回の利上げシナリオを考えていたマーケット関係者のサプライズとなり、米国債利回りが急上昇、米ドル高が一段と進みました。米ドル買いは15日も継続しました。

ウォール・ストリート・ジャーナルの経済担当チーフコメンテーターは、トランプ次期大統領の高い経済成長と低失業率という目標は、緩やかな利上げペースを導くFRBのイエレン議長の目標と一致していると解説しました。歴史的に、低失業率を目指す大統領と低インフレを優先するFRB議長が対立することがあるが、今の状況は違うとしています。意気投合していて、このままいけば、FRBがトランプ氏と衝突することは恐らくないだろうと伝えました。

CNBCは、選挙戦期間中にトランプ氏がイエレン議長を何度も攻撃したが、トランプ氏はイエレン議長の親友になる可能性があるとするストラテジストのコメントを紹介しました。トランプ氏が公約している財政刺激策がFRBを助けることになるとしています。

反対に、CBSニュースは、トランプ対イエレンの冷戦がはじまった兆しがあると報じました。記者会見の中でイエレン議長が、トランプ次期大統領と距離を置くとして、FRBの独立性を擁護したとしています。会見では、トランプ氏に関する考えをしつこく聞かれたと伝えました。
 
[December 15, 2016] No 0223119

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.16 更新米中協議は進展、それとも不調?アメリカと中国が北京で開いた貿易をめぐる閣僚級協議が15日、2日間の日程を終えました。両政府は来週、ワシントンで6回目(今年3回目)となる閣僚級協議を行う予定で…
  • 2019.02.15 更新実は弱かった米年末商戦、9年ぶりの大幅減アメリカ商務省が14日発表した2018年12月の小売売上高は季節調整済みで前月比1.2%の減少でした。コンセンサス予想は0.1%増でしたので、それを下回り予想外…
  • 2019.02.14 更新ドル高が影響? 米CPI横ばいアメリカ労働省が13日発表した1月の消費者物価指数(CPI)は3ヵ月連続で前月から横ばいでした。0.1%上昇がコンセンサス予想でしたので、それを下回りました。前…
  • 2019.02.13 更新100年前の呪縛と米中貿易協議アメリカと中国の貿易をめぐる次官級協議が、11日から中国商務省ではじまりました。ムニューシン財務長官とライトハイザー通商代表が12日に北京に到着、14日に始まる…
  • 2019.02.12 更新 時間がないブレグジット3月29日に定められたブレグジット(イギリスのEU離脱)まで約1カ月半。離脱後のEUとの関係を詳細に決める協定はまだ成立していません。EUの行政執行機関である欧…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ