2分でわかるアメリカ

2016/12/07トランプ「専用機をキャンセルしろ」の衝撃

アメリカ大統領の専用機「エアフォースワン」の新型2機をボーイング社が製造中です。ジャンボと呼ばれる747型機を新規に改造するものですが、トランプ次期大統領は6日、「コストが40億ドル(約4560億円)以上になり、度を超えている。注文をキャンセルしろ」とtweetしました。

欧米メディアがトップ級で詳しく伝えました。

The New York Timesによりますと、現在のエアフォースワンはレーガン大統領の時代に発注、ジョージ・ブッシュ大統領に届けられたもので古さが指摘されていました。最新の機能が搭載される製造中のボーイング747−8は2023年に届けられる予定。Timesは、トランプ氏のTwitterへの投稿は突然だったとしています。

The Wall Street Journalは、ボーイング社が新たに次期最高司令官の口撃対象になったと報じました。ボーイング社は開発費として1億7000万ドル(約193億8000万円)の契約を結んでいるとした上で、トランプ氏が言及した40億ドルという数字は確認が取れないとしています。

Financial Timesは、トランプ氏がアメリカ最大の輸出企業の一つであるボーイングをなぜ口撃したのかは不明だと解説しました。トランプ氏は2013年初めに「素晴らしい会社だ」としてボーイングの株式を買っているとしています。エアフォースワンの注文は、ボーイングにとって1970年につくられた747の製造ラインを維持するのに重要だと伝えました。

ところで、The Washington Postは6日、国防省が議会の追及を恐れて1250億ドル(約14兆2500億円)の無駄遣いを指摘した内部調査の資料を破棄していたと報じました。トランプ氏はエアフォースワンと合わせて国防省の無駄遣いを追求する構えだとしています。
 
 [December 06, 2016] No 0223113

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.20 更新ピート旋風、トランプ氏も意識17日付のコラムで、インディア州サウスベントのピート・ブーティジェッジ市長が2020年大統領選の民主党候補の新星として注目を集めているとお伝えしました。それ以降…
  • 2019.04.19 更新騒がしくなった朝鮮半島ベトナムのハノイで2月27日と28日に開かれた米朝首脳会談が決裂して以来、静かだった朝鮮半島。ここにきて、北朝鮮が活発な動きをみせ注目されています。「新型戦術兵…
  • 2019.04.18 更新米の対中輸入が急減、トランプ政策が寄与?アメリカ商務省が17日発表した2月の貿易赤字額は前月比3.4%減の493億8200万米ドルと、2018年6月以来の低水準となりました。予想の535億米ドルと比べ…
  • 2019.04.17 更新円もユーロもこう着、いずれ大きく動く?一般には馴染みが薄い「ボラティリティ」という言葉をマーケット関係者が頻繁に使います。相場の振れ幅、変動を意味します。米ドル/円は1米ドル=112円ちょうど近辺に…
  • 2019.04.16 更新ゴールドマンに対する冷たい指摘ウォール街の雄とされるアメリカ金融大手ゴールドマンサックスが15日発表した第1四半期(4−6月)の決算は、ほぼ全ての業務で減収となりました。ただ、1株利益は予想…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ