2分でわかるアメリカ

2016/11/29トランプ政策、有力機関のお墨付き?

フランスのパリに拠点を置くOECD(経済協力開発機構)は、28日に公表した世界経済見通しの中で、トランプ次期政権の景気刺激策がアメリカ経済を押し上げ、世界経済に弾むがつくとの見方を示しました。

OECDは、今年の世界全体の経済成長率は2.9%、2017年が3.3%、そして2018年は3.6%に加速すると予想しました。アメリカについては、来年の成長率が2.3%と予想、9月時点の予想から0.2ポイント上方修正しました。2018年は3.0%成長するとの見通しを示しました。

イギリス、ユーロ圏、日本についても予想を引き上げました。中国の成長率の見通しも上昇修正しました。

Financial Timesは、トランプ次期政権の財政拡大を期待して株式マーケットがすでに上昇しているが、有力な国際機関がトランプ政権下での成長加速を見込んだのはOECDが初めてだと伝えました。

The Wall Street Journalは、トランプ次期大統領が早い時期に景気刺激策を実行すると見込んだOECDが見通しを上方修正したもので、他のOECD加盟国に対しては、いま計画されている以上の財政刺激策が必要だと主張したと報じました。

CNN Moneyは、トランプ氏の経済政策をOECDが気にいったようだと伝えました。有力なOECDのエコノミストが事実上承認したものと言えるが、同時にトランプ次期大統領が保護主義的な通商政策にこだわった場合は成長が逆戻りすると警告したとしています。
 
 [November 28, 2016] No 0223107

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.19 更新非難殺到の「不寛容政策」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちらアメリカのトランプ政権の「不寛容政策(zero tolerance policy)」…
  • 2018.06.16 更新貿易戦争、アメリカ孤立へアメリカのトランプ政権が15日、通商法301条に基づき、中国の1102品目に対し25%の関税を課す最終案を公表しました。総額500億米ドル(5兆5250億円)で…
  • 2018.06.15 更新広がるECBとFRBの金利格差ECBは14日にラトビアのリガで開いた理事会で、量的緩和を今年9月以降に月間150億ユーロに半減し、年内に終了する方針を決めました。政策金利は据え置きました。声…
  • 2018.06.14 更新FOMCの上方修正、こう読むアメリカの中央銀行にあたるFRBは13日、金融政策を決める2日間の会合(FOMC)を終えました。FF金利の誘導目標を0.25%引き上げ、1.75 〜2.00%と…
  • 2018.06.13 更新トランプ・キム会談、欧米はこう報じたシンガポールのセントーサ島にあるカペラホテルで12日、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談しました。北朝鮮のGDPはアメリカの100…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ