2分でわかるアメリカ

2016/10/12噂される「ブレイナード財務長官」

アメリカの大統領選まで1ヶ月を切りました。「女性蔑視発言」が収録されたビデオテープがトランプ氏の打撃となり、民主党候補のクリントン氏がリードを広げています。クリントン氏の「地滑り的大勝利」との見方も少なくありません。

こうした中、アメリカの首都ワシントンDCでは、早くも「クリントン政権の財務長官」が噂されています。名前があがっているのはFRBのラエル・ブレイナード理事です。

ハーバード大学で経済博士号を取得、クリントン政権でG7、G8のシェルパ(首脳個人代表)を担ったほか、オバマ政権では国際担当財務次官を務めました。ハト派として知られ、FRBの低金利政策の継続を一貫して主張しています。夫はカート・キャンベル前国務次官補で、こちらも「クリントン政権」に参加する可能性があると噂されています 。

The Washington Postは、11月の選挙でクリントン氏が勝てば、ブレイナード氏がアメリカで初の女性の財務長官になる可能性があると報じました。民主党は、ウォール街の銀行家を財務長官につけることを避ける傾向にあるが、ブレイナード氏はウォール街の外でキャリアを積んだとしています。ブレイナード氏のFRB理事の任期は2026年まであるが、指名された場合、上院の承認手続き中はFOMCから離れる必要があると伝えました。

Financial Timesは、ブレイナード理事が女性初の財務長官に指名される可能性があるが、選挙戦でクリントン氏を公に支持したことが共和党の標的になる可能性があると解説しました。ブレイナード氏は今年はじめ、クリントン陣営に2700米ドルを寄付していますが、FRBの元幹部のトルーマン氏が個人的なミスだと指摘しているとしています。

 
 [October 11, 2016] No 0223075

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.15 更新醜い中国データに動揺中国政府の統計局が14日発表した11月の小売売上高は2003年5月ぶりの低い伸びとなりました。鉱工業生産は少なくともほぼ3年ぶりの低い伸びでした。いずれも予想を…
  • 2018.12.14 更新トランプ大統領の法的リスクアメリカのニューヨーク連邦地裁が12日、トランプ大統領の元弁護士のマイケル・コーエン氏に禁錮3年の実刑判決を下しました。約200万米ドル(約2億2600万円)の…
  • 2018.12.13 更新「米中進展」は本物か12日のニューヨーク株式相場が上昇しました。CNBCは、米中の貿易をめぐる協議の進展への期待が株価を押し上げたと伝えました。トランプ大統領はロイターとの単独イン…
  • 2018.12.12 更新中国、アメ車関税引き下げへ中国政府が、アメリカから輸入する自動車にかける関税を現行の40%から15%へ引き下げることを検討していると複数のメディアが報じました。中国政府は、今年7月1日に…
  • 2018.12.11 更新先が読めないブレグジットイギリスのメイ首相は10日、翌11日に予定していたEU離脱をめぐる法案の議会採決を中止しました。メイ首相は、「離脱案をめぐっては重要点の多くで幅広い支持が得られ…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ