2分でわかるアメリカ

2016/09/20FRB内部の思惑と大統領選

アメリカの中央銀行であるFRBが20日と21日にワシントンの本部で金融政策を決めるFOMCを開催します。

年内は、今週を含めあと3回のFOMCが予定されています。今回は利上げを見送り、12月の会合に先送りされるとの見方が優勢です。11月会合はアメリカの大統領選の直前だけに「動けない」と見られています。

ただ、経済指標に強弱感が入り混じり、不透明感が高まっています。FOMCのメンバーの意見が分かれていることも問題を複雑にしています。不透明感を背景に、マーケットのボラティリティが高まっています。

Financial Timesは、FRBのポーカーのような振る舞いでマーケットが荒れていると報じました。FRBとマーケットは、認識の違い、ミス・コミュニケーション、怒りなどで荒っぽい関係にあるが、今回のFOMCでも同じことが繰り返されるかもしれないとしています。

利上げのタイミングについて、ハト派として知られるボストン地区連銀のローゼングレン総裁が最近、「遅れる前に利上げすべきだ」と主張しました。ローゼングレン総裁の発言についてThe Wall Street Journalは、FRB内部の低金利に対する警告だと解説しました。オフィスビル、倉庫、集合住宅などの商業不動産の価格が急上昇していて「バブル懸念」が背景にあるとしています。

Los Angeles Timesは、4年に1度の大統領選が独立機関のFRBの決定に影響する可能性があると解説しました。過去に同様なことがあったとしています。今回は、共和党候補のトランプ氏が、民主党寄りのイエレンFRB議長を批判していて、利上げを決めた場合は民主党候補のヒラリー・クリントン氏に打撃となる可能性があると伝えました。

[September 19, 2016] No 0223059

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.20 更新ピート旋風、トランプ氏も意識17日付のコラムで、インディア州サウスベントのピート・ブーティジェッジ市長が2020年大統領選の民主党候補の新星として注目を集めているとお伝えしました。それ以降…
  • 2019.04.19 更新騒がしくなった朝鮮半島ベトナムのハノイで2月27日と28日に開かれた米朝首脳会談が決裂して以来、静かだった朝鮮半島。ここにきて、北朝鮮が活発な動きをみせ注目されています。「新型戦術兵…
  • 2019.04.18 更新米の対中輸入が急減、トランプ政策が寄与?アメリカ商務省が17日発表した2月の貿易赤字額は前月比3.4%減の493億8200万米ドルと、2018年6月以来の低水準となりました。予想の535億米ドルと比べ…
  • 2019.04.17 更新円もユーロもこう着、いずれ大きく動く?一般には馴染みが薄い「ボラティリティ」という言葉をマーケット関係者が頻繁に使います。相場の振れ幅、変動を意味します。米ドル/円は1米ドル=112円ちょうど近辺に…
  • 2019.04.16 更新ゴールドマンに対する冷たい指摘ウォール街の雄とされるアメリカ金融大手ゴールドマンサックスが15日発表した第1四半期(4−6月)の決算は、ほぼ全ての業務で減収となりました。ただ、1株利益は予想…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ