2分でわかるアメリカ

2016/08/24トルコ中銀、年内利下げ継続か

トルコ中央銀行は23日に開いた金融政策委員会で、3つの政策金利のうち最も高水準の翌日物貸出金利を0.25%引き下げ8.5%にすることを決めました。7.25%の翌日物借入金利と7.50%の1週間物レポ金利についてはそれぞれ据え置きました。予想通りでした。

利下げは6カ月連続です。3回は0.5%の利下げ、残る3回は今回を含め0.25%の引き下げ。合計で2.25%利下げした計算です。

Reutersは、格下げ懸念があるにもかかわらず、トルコが再び利下げしたと報じました。個人消費主導の成長に期待しているエルドアン大統領が繰り返し利下げを求めていたとしています。フィッチがトルコの格付け見通しを「ネガティブ」に変更したが、ムーディーズがジャンク級(投資不適格)に格下げする可能性があると解説しました。

Bloombergは、インフレ率がさらに上昇する兆しがある中で、トルコが利下げしたと伝えました。先月のインフレ率は1%超上昇し8.79%だったとしています。エコノミストは、トルコ中銀が利下げを継続すると予想、年内に金利をあと0.50%引き下げると見ていると報じました。

Barron’sは、「トルコ中銀がインフレ圧力を過小評価しているリスクがある。外国からの資本流入も不安定だ。アメリカのFRBが利上げ方向にある中で、トルコリラが再び売り圧力にさらされる可能性がある」とするキャピタル・エコノミクスのコメントを紹介しました。


 [August 23, 2016] No 0223042

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.16 更新貿易戦争、アメリカ孤立へアメリカのトランプ政権が15日、通商法301条に基づき、中国の1102品目に対し25%の関税を課す最終案を公表しました。総額500億米ドル(5兆5250億円)で…
  • 2018.06.15 更新広がるECBとFRBの金利格差ECBは14日にラトビアのリガで開いた理事会で、量的緩和を今年9月以降に月間150億ユーロに半減し、年内に終了する方針を決めました。政策金利は据え置きました。声…
  • 2018.06.14 更新FOMCの上方修正、こう読むアメリカの中央銀行にあたるFRBは13日、金融政策を決める2日間の会合(FOMC)を終えました。FF金利の誘導目標を0.25%引き上げ、1.75 〜2.00%と…
  • 2018.06.13 更新トランプ・キム会談、欧米はこう報じたシンガポールのセントーサ島にあるカペラホテルで12日、トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談しました。北朝鮮のGDPはアメリカの100…
  • 2018.06.12 更新G7に深い亀裂、異例の結末カナダのケベック州シャルルボアで開かれた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日、公平な貿易が成長の原動力であるとの認識を共有、関税・非関税障壁と補助金の削減に…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ