2分でわかるアメリカ

2016/08/23米TPP批准、極めて不透明

環太平洋経済連携協定、いわゆるTPPの発効に欠かせないアメリカの承認のメドが立たない状況になっています。

12カ国が今年2月に署名したTPPは、GDPで参加国全体の85%を占める6カ国以上の批准が発効の最低条件になっています。アメリカは参加国全体のGDPの62%を占めていて、アメリカの批准は欠かせません。

今年11月8日に実施される2人の有力候補は、いずれもTPPに反対しています。共和党候補のドナルド・トランプ氏はTPPからの撤退を公約に掲げています。民主党候補のヒラリー・クリントン氏は従来の主張を転換、TPPに反対する立場を明確にしました。

オバマ政権は任期が終了する前に批准手続きを進めたい方針です。しかし、民主党議員が反対、これまで賛成していた共和党議員も反対にまわりました。議会は選挙前の投票を停止、選挙後から新大統領就任までの「レームダック」期間での批准の可能性が残りますが、極めて不透明です。

The Wall Street Journalは、アメリカの連邦議会がTPPを承認する見通しが暗くなり、オバマ大統領のアジア外交での失敗になりつつあると報じました。アジアの中で最もTPPを重視している安倍首相が進めるアベノミクスにも大きなマイナスになると解説しました。

The New York Timesは、大統領候補、議会の民主、共和両党がいずれもTPPに反対しているが、オバマ大統領はTPP承認に希望をつないでいると伝えました。議会に最後の根回しを始めようとしているとしています。

The Washington Postは、TPPが承認されるかどうかは極めて不透明だと報じました。アメリカの政治は、TPP反対だけではなく、複数の国が参加する貿易協定全体への反対にシフトしたとしています。問題は、中国を含めた通商政策を今後どうするかだと解説しました。

[August 22, 2016] No 0223041

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.26 更新「モラー報告書」めぐる視点 2016年のアメリカ大統領選でトランプ陣営がロシアと共謀して介入したとされる「ロシア疑惑」。モラー特別検察官が22日、2年近い捜査を終え、報告書をバ…
  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ