2分でわかるアメリカ

2016/08/16弱い日本GDP、欧米はこう伝えた

日本の今年4−6月期のGDPが予想に届きませんでした。

4月から6月までのGDP伸び率の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0.048%増でした。2期連続のプラス成長ですが、年率換算で0.2%増にとどまりました。

住宅投資は顕著でしたが、個人消費、企業投資、輸出がいずれも弱く、相殺しました。

The Wall Street Journalは、日本経済が依然として政府の景気刺激策に大きく依存していることを示したと報じました。

Reutersは、日本のGDPが横ばいとなり、安倍首相の政策が疑問視されたと伝えました。

The New York Timesは、GDPがほぼ横ばいになったが、労働人口の減少や家電をはじめ工業の競争力が低下した日本では、特に珍しいことではないと解説しました。成長減速で、日銀が次の会合でヘリコプターマネーを含めた追加策を決めるとの観測があるとしています。

CNBCは、弱い経済成長と円高がインフレ率を抑える可能性があり、日銀の追加緩和への期待が高まったと伝えました。

CNN Moneyは、景気を刺激し、インフレ率を押し上げるために日本政府が巨額の資金を投じたが、期待される結果を出せなかったと解説しました。アナリストは、日銀が来月の会合で追加緩和を決めると予想しているが、一部では効果への期待が低いとしています。

 [August 15, 2016] No 0223036

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.26 更新「モラー報告書」めぐる視点 2016年のアメリカ大統領選でトランプ陣営がロシアと共謀して介入したとされる「ロシア疑惑」。モラー特別検察官が22日、2年近い捜査を終え、報告書をバ…
  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ