2分でわかるアメリカ

2016/08/05イングランド銀行動く

「判断材料に欠ける」として前回会合での緩和を見送ったイングランド銀行が大きく動きました。

イングランド銀行は、4日に開いた金融政策委員会で、政策金利を0.5%から0.25%に引き下げることを決めました。2009年以来7年ぶり、金利水準は過去最低です。量的緩和の拡大も決めました。国債買い入れの規模を3750億ポンドから4350億ポンドに増額、加えて投資適格級の社債も今後18カ月かけて最大で100億ポンド買い入れることを決めました。

イングランド銀行は同時に、イギリス経済が年内停滞し、来年も低調な成長が続くとの見通しを示しました。

カーニー総裁は、EU離脱の決定で揺らいだ経済を安定化させるため、あらゆる行動をとる方針を鮮明にしました。ただ、マイナス金利の導入については、「好まない」として可能性を否定しました。

Financial Timesは、今回の決定について、イングランド銀行ができることはすべてやるという政治家に対する明確なメッセージだと解説しました。利下げと量的緩和のスキームについては全会一致だったが、社債の買い入れなどで反対意見があったとしています。ただ、金融政策員会は、近い将来に追加緩和することでは明確なメッセージを出したと報じました。

Bloombergは、カーニー総裁が追加利下げする準備があると述べたと伝えました。

The Wall Street Journalは、他の中央銀行と違いイングランド銀行がマーケットを失望させることはなかったとHeard on the Streetの中で伝えました。緊急措置としては効果が見込めるが、長期化した場合は多額の買い入れなどに懸念が広がりそうだとしています。

The New York Timesは、イングランド銀行が2017年の見通しを従来の2.3%から0.8%へ、2018年については2.3%から1.8%に修正したが、1993年に見通しを公表して以来で最大の下方修正だと解説しました。

[August 04, 2016] No 0223030

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.07.21 更新「通貨操作」と批判、為替報告書と矛盾※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)アメリカのトランプ大統領は20日早朝、中国やEUが意図的に通…
  • 2018.07.20 更新人民元の急落、こう読む※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)米中の貿易戦争が激化する中、19日の上海マーケットで、人民元…
  • 2018.07.19 更新トルコ非常事態が解除されたが※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)トルコ政府が18日24時、2016年7月15日のクーデター未…
  • 2018.07.18 更新「緩やかな利上げ、いまはベスト」※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン)FRBのパウエル議長は17日、連邦議会上院の銀行住宅都市委員…
  • 2018.07.17 更新報復関税めぐる警告とワールプールの減益IMFは16日、最新の経済見通しを公表しました。2018年と19年の世界経済見通しをともに3.9%とし、前回4月時点の予想を据え置きました。アメリカと中国の見通…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ