2分でわかるアメリカ

2016/07/19ソフトバンクの巨額買収「タイミングが怪しい」

ソフトバンク・グループは18日、イギリスの半導体設計大手のアーム・ホールディングスを243億ポンド(約3兆3000億円)で買収すると発表しました。

ヨーロッパのテクノロジー企業のM&Aで過去最大。日本企業による海外企業の買収でも最大。ソフトバンクは2013年にアメリカ通信4位のスプリントを当時の為替レートで約1兆8000億円の大型買収をしていますが、それを大幅に上回る規模です。

アームは半導体の設計に特化した会社で、クアルコムやサムスンなどの顧客からのラインセンス料が主な収益源。自動車や住宅などあらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)の中心的な企業だと孫社長が説明しています。2015年の売上高は9億6830億ポンド(約1350億円)にすぎませんが、利益率は35%に達します。

買収額は、先週末の終値に43%上乗せされました。Reutersによりますと、買収資金はみずほ銀行の借り入れ限度額1兆円のつなぎ融資(ブリッジローン)と手元資金で賄う予定です。9月末までの子会社化を目指します。

Financial Timesは、イギリスの国民投票でEU離脱を決めてから間もないタイミングで買収が発表されたと報じました。国民投票後にポンド相場が対円で約30%下落し、アームが魅力的な買収ターゲットになったとしています。ソフトバンクの孫社長は2週間前にアームの会長に初めて会い、その後に資産査定と資金の手当てをしたと伝えました。

The Guardianは、メイ新政権のハモンド財務相が「海外の投資家がイギリスへの興味を失っていない」とソフトバンクのアーム買収について歓迎するコメントを出したが、非常に馬鹿げているとするコラムを掲載しました。ソフトバンクが接近したタイミングが怪しく、メイ政権が海外からの買収から国益を守る方針を打ち出す前に短期で買収を決めたとしています。

The Wall Street Journalは、ソフトバンクの孫社長はEU離脱に向かうイギリスでの大型買収をカンフル剤にしたい考えで、過去の大型買収が残した混乱は後回しになると報じました。買収額はアームが今年計上する利益の50倍近く、ポンド安もさほど助けにならず、高くつく買収だと解説しました。

 [July 18, 2016] No 0223017

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.24 更新中国経済リスク、通貨市場に影響もスイスで世界経済フォーラム(ダボス会議)が22日から開かれています。目玉だったトランプ大統領、ブレグジット問題を抱えるイギリスのメイ首相、支持率が急低下したフラ…
  • 2019.01.23 更新NY株のオンとオフ、トランプ意識連休明けの22日のニューヨーク株式マーケットは反落しました。中国の経済指標が弱く、習近平国家主席は「深刻な危機に直面している」と発言。さらにIMFは世界経済見通…
  • 2019.01.19 更新米中貿易戦争めぐり動きありウォールストリートジャーナルが17日、アメリカ政権内で対中関税を引き下げる可能性が議論されていると報じました。この報道をきっかけに、期待感から株式相場が一段高に…
  • 2019.01.18 更新偽新聞と事実に反するトランプ発言政府機関の一部閉鎖の影響を最も受けるワシントンで16日、ワシントンポストの偽新聞が市内数カ所でばらまかれました。「大統領ではなくなった」との大きな見出しに、トラ…
  • 2019.01.17 更新一般教書演説の延期要請の裏側アメリカ民主党のペロシ下院議長は16日、トランプ大統領に書簡を送り、1月29日に予定されている「一般教書演説」を延期するよう要請しました。書簡の中でペロシ下院議…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ