2分でわかるアメリカ

2016/06/21英投票まで3日、潮目は変わったか

EU離脱の賛否を問うイギリスの国民投票を23日木曜日に控え、残留支持がやや優勢になってきました。

The Sunday TimesがYouGovに委託した世論調査では、残留支持が44%と、離脱支持の43%を1ポイント上回りました。さらに、IndependentがComResに委託した調査、そして、The MailによるSurvationの調査でも残留派が優勢でした。また、イギリスのブックメーカー(賭け業者)の予想オッズで、残留が決まる確率が78%と、17日時点の60−67%から大幅に上昇しました。

離脱派が優勢な状況が続いていましたが、先週16日に残留派の女性議員が殺害された事件を受け、潮目が変わった兆しがあります。

Financial Timesが20日に更新した調査では、残留支持と離脱支持がそれぞれ44%とイーブンでした。Financial Timesは、調査結果を受け、ポンドが過去10年で最大の上昇率を記録したと報じました。ただ、ソシエテ・ジェネラルのストラテジストは「まだ終わったわけではない。次の2、3日でリスク回避に投資家心理が変わる可能性がある」と見ているとしています。

The Wall Street Journalは、残留支持が優勢となった世論調査を受け、ポンドのほか、株式や原油が急上昇したと伝えました。一部のアナリストは、株式が継続的に上昇するためには。企業業績の伸びが必要だと慎重に見ているとしています。

Telegraphによりますと、イギリスの国民投票は23日7時に始まり、夜10時に締め切られるが、結果が判明するのはイギリス時間の24日金曜日の午前7時ごろになりそうだと伝えました。382カ所で開票されるが、双方の支持者がきっ抗、主要メディアは出口調査を実施しない予定だとしています。投票率は去年の総選挙の66%を大幅に上回る80%程度になると選挙管理員会が予想していると解説しました。

Expressは、国民投票で結果が50対50になった場合の規定は定められていないと報じました。キャメロン首相は2回目の投票はないと明言しているが、離脱派は投票結果がきっ抗した場合は再度投票を実施すべきだと主張しているとしています。

 [June 20, 2016] No 0222998

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.04.25 更新トランプ大統領は弾劾されるかロシア疑惑捜査をめぐるモラー特別検察官の報告書が公開されましが、トランプ大統領がロシアと結託したことは断定されませんでした。しかし、司法介入についてはグレー、判…
  • 2019.04.24 更新S&P500とナスダック最高値ニューヨーク株式マーケットの23日の取引で、幅広い業種、銘柄で構成される株価指数のS&P500、そしてテクノロジー株の比率が高いナスダックがそれぞれ終値…
  • 2019.04.23 更新トランプ大統領のジレンマアメリカ政府は22日、イラン産原油の禁輸措置について、日本、中国、韓国、台湾、インド、トルコ、イタリア、そしてギリシャの8カ国・地域に対する適用除外を5月2日に…
  • 2019.04.20 更新ピート旋風、トランプ氏も意識17日付のコラムで、インディア州サウスベントのピート・ブーティジェッジ市長が2020年大統領選の民主党候補の新星として注目を集めているとお伝えしました。それ以降…
  • 2019.04.19 更新騒がしくなった朝鮮半島ベトナムのハノイで2月27日と28日に開かれた米朝首脳会談が決裂して以来、静かだった朝鮮半島。ここにきて、北朝鮮が活発な動きをみせ注目されています。「新型戦術兵…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ