2分でわかるアメリカ

2016/06/08イギリス、EU離脱に向かうか

EU離脱の是非を問うイギリスの国民投票まで2週間あまり。最近発表された8つの世論調査のうち5つの調査で、離脱支持が残留支持を上回りました。残留支持を訴えるキャメロン首相と、離脱派で保守党のマイケル・ゴーブ氏によるThe Sky Newsの先週のテレビ討論は、離脱派の勝利だったとされています。

こうした状況を受け、EU離脱の行方、影響などを詳しく解説する欧米メディアが増えました。

The New York Timesは、なぜイギリスがBrexitの方向なのかと題した記事の中で、2015年の移民数が33万3000人と多かったことがきっかけで、離脱支持が最近、急激に増えたと報じました。ただ、移民問題だけで離脱派が勝利するかどうかは大きな疑問だとしています。

Financial Timesは、イギリスはEU離脱の方向にあるのかと題する記事を掲載しました。離脱支持が目立って増えた世論調査の結果を受けたものです。イギリスへの移民が大幅に増加している問題が影響しているとした上で、IMFが来週発表する報告書がきっかけで経済問題に焦点が移る可能性があると解説しました。

The Wall Street Journalは、離脱派の主張は事実に基づいていないとキャメロン首相が記者会見で主張したと伝えました。また、Journalは、過去3日で36万以上がオンラインで投票登録、登録が最近になって急増しているとしています。

USA Todayは、イギリスがEUから離脱した場合の最大の敗者はドイツだと報じました。ドイツはEU最大の経済で、政治的影響力も大きいとした上で、イギリスが離脱した場合、ドイツの経済的負担が増えると同時に、戦後のヨーロッパの統合路線が打撃を受けるとしています。
 
 [June 07, 2016] No 0222989

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.08 更新予想下回った米雇用統計、こう読むアメリカ労働省が7日に発表した11月の雇用統計は、景気を敏感に反映することから重視される非農業部門の雇用者数が15万5000人増となり、前月の改定値23万700…
  • 2018.12.07 更新HUAWEI副会長逮捕の衝撃カナダ司法省は5日、中国の通信機器大手HUAWEI(ファーウェイ)の孟晩舟(メン・ワンツォウ)副会長兼CFOを逮捕したことを明らかにしました。副会長は創業者の娘…
  • 2018.12.06 更新市場混乱後に動いた中国中国政府は5日、アルゼンチンでの米中首脳会談に関し、初めて公式の声明を発表しました。声明は、3月1日までの期限を設けて貿易戦争の終結を目指すことで一致したと明記…
  • 2018.12.05 更新「I Am a Tariff Man」アメリカのトランプ大統領は4日、「私はTariff Man(関税マン)だ。人や国が我が国の富を求めてやってくるが、代償として(関税)を払ってもらう。(関税は)い…
  • 2018.12.04 更新米中貿易、90日で合意可能かトランプ大統領と中国の習近平国家主席は1日、G20首脳会議後にアルゼンチンで夕食を挟んで会談しました。1月から予定していた中国製品に対する関税率の引き上げと追加…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ