2分でわかるアメリカ

2016/05/24投票まで1ヶ月、Brexitショックシナリオ

EU離脱の是非を問う6月のイギリスの国民投票までちょうど1カ月。

オズボーン財務相は23日、投票で離脱が決まれば、2年以内に少なくとも82万人が職を失い、ポンド相場の下落で物価が急騰するとの見通しを示しました。財務省のエコノミストがまとめた分析を公表したものです。

BBCは、EU離脱の場合はイギリスが景気後退するとの見方をオズボーン財務相が示し、キャメロン首相は「自滅的選択」と警告したと報じました。しかし、前ロンドン市長のジョンソン氏は、残留派による「プロパガンダ」であり、混乱させているだけだと警告を無視したとしています。

The Wall Street Journalは、イギリスのEU離脱をめぐる残留派と離脱派の論争が激化していると伝えました。残留派が財務省の「ショック」シナリオの報告書を示したが、離脱派は報告書の前提条件が誤りで、離脱した方が経済成長すると反論したとしています。

Reutersの研究機関がイギリスの全国紙の928の記事を分析した結果、45%が離脱に好意的だったとことがわかりました。残留を支持した記事は27%にとどまりました。

CNBCは、国民投票まであと1カ月に迫ったが、残留派と離脱派が拮抗していると報じました。シティグループが10の世論調査を分析した結果、残留派が44.6%に対し、離脱派が41.3%だったとしています。移民問題、EUの規制、そして残留する場合のイギリスの経済負担が論争のテーマになっているとしています。シティグループのアナリストは、意見が拮抗しているため、投票率が結果を左右すると見ていると伝えました。

[May 23, 2016] No 0222980

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.26 更新「モラー報告書」めぐる視点 2016年のアメリカ大統領選でトランプ陣営がロシアと共謀して介入したとされる「ロシア疑惑」。モラー特別検察官が22日、2年近い捜査を終え、報告書をバ…
  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ