2分でわかるアメリカ

2016/05/19Brexit投票まで1カ月、残留派増える

EU離脱の是非を問うイギリスの国民投票まで約1カ月。当初は、離脱派が優勢でしたが、ここにきて残留派が増えてきました。

The Timesが依頼したYouGovの最新の世論調査によりますと、EU残留支持が44%と、離脱派の40%を4%上回りました。10日前に実施された調査と比べ、差が2ポイント広がりました。

一方、Daily Telegraphが依頼したORBの最新の調査では、55%がEUに残留すべきだと答えました。4月の調査と比べ、4ポイント増えました。反面、離脱支持は3ポイント減り40%にとどまりました。

The Weekは、残留派が増えてきたが、問題は投票率だと解説しました。世論調査では、投票に必ず行くと答えた人の離脱支持が多い傾向が出ているとしています。

Bloombergは、イギリスがEUから離脱する確率が24%と4月のSuperforecastersによる確率37%から大幅に低下したと伝えました。ただ、金融機関は離脱する確率が高いと見ていると解説しました。ソシエテ・ジェネラルは離脱の確率が45%、モルガン・スタンレーは35%、そして、シティグループは30〜40%あると見ているとしています。

Newsweekは、イギリスの独立党の党首が、国民投票の結果が僅差になった場合、2回目の国民投票が実施される可能性があると語ったと伝えました。

 
 [May 18, 2016] No 0222977

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.03.23 更新メイ英首相の最後のチャンス、どうなるブレグジット(イギリスのEU離脱)が混迷しています。EU首脳会議は、来週3月29日のブレグジットの期限を無条件で4月12日まで延期することを決めました。EUと合…
  • 2019.03.22 更新 世界の中銀のドミノ現象アメリカの中央銀行であるFRBが、20日の会合(FOMC)で政策金利の誘導目標を2.25 〜2.50%へ据え置きました。保有資産の縮小ペースを5月に減速、9月末…
  • 2019.03.21 更新 年内利上げ見送り予想のFRB、こう読むアメリカの中央銀行であるFRBが20日、2日間の金融政策を決める会合(FOMC)を終えました。政策金利2.25 〜2.50%の誘導目標を据え置きました。予想通り…
  • 2019.03.20 更新ブレグジット、「最大2年」先送りもブレグジット(イギリスのEU離脱)が迷走しています。先週の一連のイギリス議会の採決を受け、メイ首相は3回目となる離脱協定案の採決を議会に求める方針でした。しかし…
  • 2019.03.19 更新 FRBドットチャート、どう変わるかアメリカの中央銀行であるFRBが19日と20日に金融政策を決める会合(FOMC)を開きます。今週のマーケットの最大の材料になりそうです。政策金利は据え置くとの予…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを知る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ