2分でわかるアメリカ

2018/03/03マーケット: 来週も円高基調続くか、どこまで

「円全面高」

2日の欧米の外国為替マーケットでは、円が幅広く買われました。

アメリカのトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動する意向を示したことで、国際的な貿易戦争に発展するとの懸念が広がりました。リスク回避ムードが強く、安全資産とされる円が買われました。

米ドルは対円で一時105円20銭台まで売られました。後半の取引では105円台半ばから後半で推移しました。米2年債と米10年債の利回りが上昇しましたが、米ドル買いにはつながりませんでした。日銀の黒田総裁が「2019年度ごろの出口を検討していることは間違いない」と発言したことが材料視されました。

ユーロは対米ドルで上昇。対円では軟調でした。

英ポンドは対米ドルでほぼ横ばい。対円では一時145円ちょうど近辺に下落しました。

米国債利回りの上昇、リスク回避ムードが強まったことで新興国通貨が軟調でした。トルコリラは対米ドルで小幅安。対円では大幅続落し、最安値を更新しました。南アフリカランドの対円相場も大幅安でした。

カナダドルは売られました。トランプ政権の輸入制限、NAFTA再交渉の先行きに不透明感が増したことが影響しました。対円では81円台に下落しました。

豪ドルは対米ドルで横ばい、対円で下落。NZドルは安く取引されました。

「来週は材料豊富」

来週の外国為替マーケットは材料が豊富です。最大の注目は、アメリカのトランプ大統領の輸入制限に関する大統領令。鉄鋼とアルミニウムの輸入品に追加関税を課す方針ですが、対象国を含めた詳細が明らかになっていません。ロス米商務長官は「すべての国が対象になる」と示唆していて、カナダ、韓国、日本なども対象になる可能性があります。

6日には、テキサス州で中間選挙の候補者を決める予備選が始まります。

週末のイタリアの総選挙、そしてドイツの社会民主党(SPD)の大連立をめぐる党員投票の結果がユーロ相場に大きく影響する可能性があります。8日にはECBのドラギ総裁が記者会見を予定しています。

9日の日銀の金融政策決定会合と黒田総裁の会見、5日からはじまる中国の全国人民代表大会(全人代)も注目です。7日にはトルコ中銀が金融政策委員会を開きます。

来週発表される経済指標では、9日のアメリカの雇用統計が米ドル/円に影響しそうです。カナダの雇用統計も発表されます。

来週の外国為替マーケットについてロイタージャパンは、波乱含みが続く各国政治の行方と、乱高下の収まらない株価の反応が焦点となりそうだと伝えました。リスク回避的な円高圧力がしばらく拭えそうにないとしています。レンジは、米ドル/円が104円〜107円、ユーロ/米ドルは1.2100米ドル 〜1.2500米ドルと予想しました。

ブルームバーグは、トランプ大統領の政策による貿易の緊張が円相場を押し上げそうだと解説しました。INGのストラテジストは、アメリカの日本に対する保護主義が強まった1990年代初めを例にあげた上で、2019年に円相場が80円まで上昇するとの見方もあるが、いまは100円との予想を維持するとコメントしたとしています。

スコシアバンクは、来週の日銀の黒田総裁の会見とポジション調整で円相場が振れそうだとコメントしました。円は全てのG10通貨、特にユーロに対して大幅に上昇する可能性があるとしています。

ソシエテジェネラルのアナリストは、円相場が100円、もしくはそれ以上に円高が進む可能性があり、それを防ぐために黒田総裁が動くだろうとフィナンシャルタイムズにコメントしました。

ポンドスターリングライブは、3月末を控え日本企業の外国からの送金、いわゆるレパトリエーションが増えることが予想され、円高基調が3月いっぱい続きそうだとの見方が多いと伝えました

「ダウ、続落」

2日のヨーロッパの株式相場は大幅安でした。DAXは277ポイント安、FTSEは105ポイント下げました。

ニューヨーク株式相場はまちまち。終盤に下げ幅を縮めたもののダウは安く取引を終えました。S&P500とナスダックは上昇しました。

ニューヨーク原油相場(WTI)は0.43%安の61米ドル25セント。金相場は1.39%高の1323米ドルでした。

NY時間02日 午後4時、東京時間03日午前6時時点の状況です。

 [March 02, 2018]  No 031843850


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.06.16 更新マーケット: 来週、米ドルは上か下か「ユーロ反発」15日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルがやや軟調でした。トランプ政権が中国の輸入品に高率関税を適用すると発表したことで、貿易戦争への懸念が高…
  • 2018.06.15 更新マーケット: ユーロ大幅安、トルコリラ売り止まらず「米ドル堅調」14日の欧米の外国為替マーケットでは、ユーロが幅広く売られました。ECBが2019年夏まで政策金利を引き上げないことを示唆したこと、ドラギ総裁の記…
  • 2018.06.14 更新マーケット: 米ドル軟化、トルコリラ下げ加速「ユーロ堅調」13日の欧米の外国為替マーケットでは、FRBの会合結果を受け米ドルが一旦上昇しましたが、終盤に下げに転じました。FRBが今年合計で4回の利上げを想…
  • 2018.06.13 更新マーケット: 米ドル高基調、トルコリラ大幅安「ポンド上昇」12日の欧米の外国為替マーケットは、全体的に静かでした。投資家の関心が、米朝首脳会談から日米欧の中央銀行の会合に移りました。アメリカのFRBは12…
  • 2018.06.12 更新マーケット: ユーロ堅調、トルコリラ軟調「米ドル、対円で上昇」11日の欧米の外国為替マーケットでは、ユーロが堅調でした。イタリアのトリア経済相が、債務水準の引き下げに努力する、ユーロ圏を離脱する意思は…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ