2分でわかるアメリカ

2017/10/14マーケット: 来週の米ドル/円、動き出すか

「円高い」

13日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが軟調でした。

アメリカの弱い経済指標が影響しました。9月の消費者物価指数が予想に届きませんでした。9月の小売売上高も予想を下回りました。

米ドルは対円で下落。112円を割りました。米国債の利回りが大幅に低下、米ドル売りを誘いました。

ユーロは対米ドルで小幅安、対円で下落しました。

英ポンドは対米ドルで上昇、対円相場は小幅安でした。イングランド銀行のカーニー総裁が、近く利上げする可能性を示唆しましたが、反応薄でした。

新興国通貨は米国債利回りの低下に敏感に反応、堅調でした。トルコリラは対円で小幅高。南アフリカランドが上昇しました。

カナダドルは軟調でした。NAFTAの見直し協議の行方が不透明で、カナダドルの重石となりました。

豪ドルとNZドルは、それぞれ対米ドル、対円で堅調に推移しました。中国の強い統計を受け、コモディティ価格が上昇したことが材料になりました。

「北朝鮮とFRB人事」

来週は、米ドルの上値の重さが意識されそうです。北朝鮮情勢が引き続き材料になる可能性があるほか、近く発表されるアメリカ財務省の為替報告書への注目が集まりそうです。為替報告では、「円安」が問題視される可能性があります。

また、FRBの議長人事をめぐる観測が米ドル相場に影響するとみられます。18日にはFRBが地区連銀経済報告(ベージュブック)を公表。イエレン議長の講演が来週予定されています。

来週の米ドル/円についてロイタージャパンは、北朝鮮、アメリカ財務省の為替報告に加え、来週初めからワシントンで始まる日米の貿易をめぐる経済対話などを材料に、米ドルの下値余地が広がりやすいとの見通しを配信しました。レンジは、米ドル/ 円が111円〜113円50銭、ユーロ /米ドルは1.1700米ドル〜1.1950米ドルと予想しました。

BKアセットマネージメントのストラテジストは、米ドル/円が売られ、111円50銭の節目超えを試す可能性があるとコメントしました。北朝鮮とFRB人事が米ドルの重石になるとしています。

スコシアバンクは、円相場について、日本の衆院選をめぐる動きが変動要因になりそうだとコメントしました。

来週18日、5年に1度の中国共産党大会が開幕します。関係が悪化している北朝鮮が新たな挑発行動を起こすのではないかと警戒が高まっています。また、共産党大会の決定や中国の経済指標が、対中貿易の依存度が高いオーストラリアとニュージーランドの通貨に影響する可能性が指摘されています。オセアニアの2通貨が「売られすぎ」との見方があります。

NZドルについては、連立政権の鍵を握る第3党のNZファースト党が今週末にも方針を決める可能性があります。国民党との連立政権になればNZドルが急上昇すると予想されています。反対に、労働党主導の3党連立になれば、政策の不透明感からNZドルが下落するとの見方が優勢です。

来週のユーロはECB理事会を26日に控え、下値が堅い展開になると予想されています。資産買い入れの規模縮小を理事会で決めるとみられています。ただ、ユーロの対米ドル相場が1.20米ドルを超えて本格的に上昇することはないとの見方があります。

英ポンドは今週後半に買い戻されました。ブレグジットをめぐる交渉で、離脱後に2年間の移行期間を設ける案が浮上したからです。年末までに結論が出るとみられています。来週の取引でも英ポンドを下支えする可能性があります。

「米株反発」

13日のヨーロッパの株式相場はまちまちでした。DAXは8ポイント高、FTSEは20ポイント安でした。

ニューヨーク株式相場は反発しました。本格化する決算発表への期待感が背景です。ダウはザラ場(取引時間中)の高値を更新、ナスダックは最高値で取引を終えました。ダウとS&P500は、週間ベースで5週続伸。個別にはHPが大幅高。反面、決算発表を受けウェルズファーゴが売られました。

ニューヨーク原油相場(WTI)は上昇しました。終値は1.68%高の51米ドル45セント。金相場は0.62%高の1304米ドルでした。

NY時間13日 午後4時、東京時間14日午前5時時点の状況です。

[October 13, 2017]  No 031843756

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.18 更新マーケット: 来週の円振れるか、トルコは※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「米ドル軟調」17日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが…
  • 2018.08.17 更新マーケット: ユーロ戻り弱い、トルコリラ続伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「ランド軟調」16日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルと…
  • 2018.08.16 更新マーケット: 円堅調、トルコリラ続伸※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「ランド大幅続落」15日の欧米の外国為替マーケットでは、注目…
  • 2018.08.15 更新マーケット: ユーロ安い、新興国通貨落ち着く※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「円軟調」14日の欧米の外国為替マーケットでは、急落していた…
  • 2018.08.14 更新マーケット: トルコ危機で円高、新興国通貨全面安※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「ユーロ安い」トルコリラが再び最安値を更新したことが影響し、…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ