2分でわかるアメリカ

2017/09/09マーケット: 来週、米ドル下振れ続くか

「円高い」

8日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが幅広く売られる一方、円が買われました。

ECBのドラギ総裁の量的緩和縮小を10月に決めることを示唆した前日の発言が引き続き影響しました。朝鮮半島の緊張、ハリケーン「イルマ」被害への懸念が米ドル売りを誘いました。

米ドルは対円で去年11月以来初めて108円を割りました。一時107円30銭台まで売られました。米10年債の利回りが大幅に低下したことが大きく影響しました。

BKアセットマネージメントのストラテジストは、週末にリスク要因が多く、米ドルが対円で安定する兆しがないとコメントしました。

ユーロは対米ドルで続伸。対円では下落しました。ドイツ国債の利回りが上昇しました。

英ポンドは高く取引されました。対円でも堅調でした。イギリスの7月の製造業生産指数が今年最大の上昇率を記録しました。

新興国通貨は対米ドルで上昇しました。米国債利回りの低下に敏感に反応しました。ただ、クロス取引のトルコリラの対円相場は、米ドル/円が大幅に下落した影響で、安く取引されました。南アフリカランドも対円で大幅安でした。

カナダドルは対ドルで続伸しましたが、対円では反落しました。カナダの雇用統計が予想以上に強い内容でした。

豪ドルとNZドルも、それぞれ対米ドルで上昇、対円で下落しました。

「イルマと北朝鮮」

来週の外国為替マーケットは、ハリケーン「イルマ」の被害状況と北朝鮮情勢が米ドル相場に影響しそうです。アメリカの経済指標では、14日発表の消費者物価指数と15日の小売売上高が材料になる可能性があります。

来週の米ドル/円についてロイタージャパンは、北朝鮮を巡る地政学リスクへの警戒感がくすぶっていると指摘、米ドルの上値を抑えそうだとの見通しを配信しました。無難に通過すれば、FRB会合(FOMC)を翌週に控え、金融政策へ関心が向かいそうだとしています。レンジは、米ドル/円が106円50銭〜109円50銭、ユーロ/米ドルは1.1900米ドル〜1.2200米ドルと予想しました。

ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのストラテジストは、米10年債利回りが2%を割れば、米ドル/円が106円50銭近辺を試す可能性があるとマーケットウォッチにコメントしました。

一方、スコシアバンクは、米10年債の利回りが1.8%台に低下すれば、米ドル/円が105円に向かう可能性があるとコメントしました。8日付けの月間見通しでは、米ドル/円の年末予想を110円で据え置きました。

米ドル指数が8日、33カ月ぶりの低水準をつけました。ドイツ銀行のストラテジストは、「米ドルがトラブルを抱えている」と独立系のポンドスターリングライブにコメントしました。トランプ大統領がFOMCメンバーの多くを入れ替えることが予想され、来年第1四半期に金融政策の変更ができなくなるとしています。年内に追加利上げするかどうかよりも、12月以降が問題だと述べました。

来週は英ポンドの材料が豊富です。12日発表のイギリスの消費者物価指数、生産者物価指数、小売売上高、13日の雇用関連指標が材料になりそうです。さらに、イングランド銀行が14日に政策会合を予定しています。政策を据え置くと予想されていますが、声明で通貨に言及する可能性があるとの見方もあります。

14日には、トルコの中央銀行も会合を開きます。中銀は、インフレ率が目立って改善しない限り、利下げしない意向を示しています。5日に発表された8月の消費者物価指数は前年比で再び2桁台をつけました。

「米株まちまち、原油大幅安」

8日のヨーロッパの株式相場はまちまち。DAXは7ポイント高、FTSEは19ポイント安でした。

ニューヨーク株式相場もまちまちでした。ハリケーン「イルマ」の動きをにらんだ神経質な展開。ダウは小幅高、S&P500は小幅安。ナスダックは反落しました。週間ベースでは、3つの主要指数がいずれも下落しました。

個別には、大規模なサイバーアタックを受け、大量の個人情報が流出した消費者信用調査大手のエキファックスが急落しました。

ニューヨーク原油相場は3.28%安の47米ドル48セント。金相場は0.07%高の1351米ドルでした。

NY時間08日 午後4時、東京時間09日午前5時時点の状況です。

[September 08, 2017]  No 031843730


※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ