2分でわかるアメリカ

2017/05/20マーケット: 来週の円相場、さらに動くか

「ユーロ大幅高」

19日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが軟調でした。

主要6通貨に対する米ドル指数が安く推移、週間ベースで約2%下落した計算です。アメリカの主要な経済指標の発表がありませんでしたが、トランプ政権の先行きが不透明なことが米ドルを圧迫しています。

ワシントンポストは19日午後、「ホワイトハウス高官でトランプ大統領の側近が、大統領選挙でロシアとの連携をコーディネートした可能性があるとして捜査対象になっている」とスクープ。これを受け、米ドル安が一段進みました。

ユーロは対米ドルで大幅高。節目の1.12米ドルを超えて上昇しました。フランス大統領選が終わり、関心がECB政策に移りました。金融緩和を近く巻き戻すとの観測がユーロ買いを誘いました。

英ポンドも対米ドルで高く取引されました。対円では145円ちょうど近辺に上昇しました。

米ドルは対円でも軟調でした。米国債利回りが高く推移しましたが、ワシントンポストのスクープを受け上昇分をほぼ消しました。

新興国通貨は対米ドルで全面高でした。テメル大統領の汚職疑惑を受けたブラジル・レアル売りが一服しました。

南アフリカランドは対米ドル、対円で上昇。トルコリラは大幅高で取引されました。

原油価格が上昇したことで資源国通貨が堅調でした。

カナダドル、豪ドルがそれぞれ対米ドル、対円で上昇しました。NZドルも高く推移しました。

「ロシア疑惑を不安視」

トランプ政権のロシア疑惑をめぐる動きが、来週も引き続き材料になるとみられます。解任されたFBIのコミー前長官が24日にも議会の公聴会で証言する可能性があります。ただ、ロシア疑惑をめぐり特別検察官が任命されたばかりのタイミングだけに、証言が実現するか、出席した場合もどこまで話せるか不透明な部分があります。

来週のアメリカの経済指標では、26日のGDP改定値と耐久財受注、それにミシガン大学の消費者信頼感指数が注目です。24日に公表されるFRB会合の議事録も材料になる可能性があります。来週はまた、のべ13人の地区連銀総裁らFRB幹部が発言する機会があり、材料視されています。

来週の米ドル/円についてロイタージャパンは、ロシア疑惑をめぐる政治リスクが意識され、腰の入った米ドル買いが入りにくいとして、戻りが鈍そうだとの見通しを伝えました。疑惑を深める追加報道があった場合は米ドル安の流れが強まり、110円を割り込む可能性があるとしています。レンジは、米ドル/円が109円80銭〜112円80銭、ユーロ/米ドルは1.1000米ドル〜1.1250米ドルと予想しました。

スコシアバンクのテクニカル分析では、米ドル/円の下値支持線が110円43銭、上値抵抗線が111円93銭にあります。ユーロ/米ドルは下値の節目が1.1108米ドル、上値の節目が1.1215米ドルとなっています。
ブルームバーグは、米ドルがエリオット波動の「ABC調整」に入った可能性があると伝えました。起点をA、上昇のピークをB、下落した底をCとするテクニカル用語ですが、米ドルが下落基調に転じた可能性があるということです。

来週24日、カナダの中央銀行が政策金利を発表します。会合はなく、声明のみですが、0.50%の政策金利は据え置かれるとの見方が優勢です。

ユーロの上昇基調が続いています。来週23日発表のドイツのIFO景気動向指数とユーロ圏の製造業PMIが材料になる可能性があります。

今週は新興国通貨の振れが大きめでした。引き続きマーケット全体の動きに左右されるとみられています。個別には、25日の南アフリカ中銀の政策金利発表があります。7.0%の政策金利を据え置くとみられています。

「米株続伸」

19日のヨーロッパの株式相場は上昇しました。自動車株の上げが目立ちました。

ニューヨーク株式相場は続伸しました。ボーイングとキャタピラーの上げがダウを押し上げました。ワシントンポストのスクープを受け、終盤にやや上げ幅を縮めました。

ニューヨーク原油相場は50米ドル台に乗せました。終値は50米ドル33セント。金相場は0.06%高の1253米ドルでした。

NY時間19日 午後4時、東京20日午前5時時点の状況です。

[May 19, 2017]  No 031843656

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.14 更新マーケット: ユーロとトルコリラ小動き、ポンド続伸「資源国通貨が堅調」13日の欧米の外国為替マーケットでは、4つの中央銀行の金融政策を決める会合が注目されました。ECB、スイス中銀、ノルウェー中銀、トルコ中銀は…
  • 2018.12.13 更新マーケット: ポンド大きく戻す、ユーロ高い「ランド堅調」12日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドを買い戻す動きが目立ちました。イギリスの与党・保守党の離脱強硬派として知られるユーロピアン・リサーチ…
  • 2018.12.12 更新マーケット: ポンド続落、トルコリラ軟調「ユーロ下落」11日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが続落しました。イギリスの与党・保守党の議員らが、メイ党首(首相)の不信任投票の発動に十分な48通の…
  • 2018.12.11 更新マーケット: ポンド急落、米ドル堅調「カナダドル下落」10日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが目立って下落しました。EUと合意した離脱協定案のイギリス議会の採決が延期されたことが大きく影響…
  • 2018.12.08 更新マーケット: 来週の円振れるか、2019年はドル安か「カナダドル反発」7日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが軟調でした。カナダドルは反発しました。注目されたアメリカの雇用統計はやや弱めでした。米2年債と米…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ