2分でわかるアメリカ

2016/10/01マーケット: 来週の米ドル円、レンジ抜けるか

「リスク選好」

ドル円=101.38円、 ユーロドル=1.1233ドル、 ポンド円=131.35円、
トルコリラ円=33.74円、豪ドルドル=0.7651ドル、NZドルドル=0.7279ドル

30日の欧米の外国為替マーケットではリスク選好ムードが広がりました。円が売られました。

ドイツ銀行の信用不安でリスク回避ムードが強かったのですが、AFPの報道をきっかけに変わりました。AFPは、アメリカ司法省がドイツ銀行の住宅ローン関連商品の不正取引に関し54億ドル(約5454億円)で近く和解する方向だとする情報筋の話を伝えました。事実であれば、司法省が先に提示した140億ドルを大幅に下回る額で和解が成立することになります。

急落していたドイツ銀行の株価が報道後に急反発、投資家の心理が大きく改善しました。

米ドルは対円で上昇しました。米国債利回りが上昇したことも米ドル買いを誘いました。スイスフランと並んで円は幅広く売られました。スイスフランについては、スイス中銀が介入したとの見方があります。

ヨーロッパの金融システムに対する懸念で売られていたユーロは買い戻されました。対米ドルではほぼ横ばい。対円では一時114円台前半まで買われました。

ポンドは対米ドルで小幅高。対円で堅調に推移しました。

リスク選好で新興国通貨が堅調。トルコリラは対円で上昇。南アフリカランドは対円で大幅高でした。

原油価格が続伸したことも追い風となり、カナダドルは対円で高く取引されました。

豪ドルは対米ドル、対円で上昇。NZドルも堅調でした。

「注目は米雇用統計」

10月に入る来週は材料が豊富です。最大の注目は7日発表のアメリカの9月の雇用統計です。3日発表のISM製造業景況指数と5日の非製造業景況指数も材料視されています。ワシントンDCで6日にG20財務相・中央銀行総裁会議が開かれます。FRBの利上げをめぐる観測がテーマになりそうです。

ロイタージャパンは、来週の相場について、足元の金融市場では心理が改善しているが、原油や株価をめぐる不透明感は残り、米ドルの下値リスクが後退したとは言えないと伝えました。レンジは、米ドル円が99円50銭〜102円、ユーロ米ドルについては1.1150ドル〜1.1300ドルと予想しました。

スコシアバンクは、米ドル円は目先、マーケット全体のムードに左右されそうだとコメントしました。

米ドル円については、100円50銭〜101円50銭のレンジを本格的に抜けるかが注目されています。

BKアセットマネージメントのストラテジストは、雇用統計を受けて米ドル円が100円近くになると米ドルが買われ、102円に接近すると米ドルが売られるだろうとコメントしました。

ブルームバーグによりますと、ゴールドマン・サックスのエコノミストは、現在1.6%程度の米10年債利回りが年末までに2%まで上昇すると予想しました。一方、モルガン・スタンレーは1.25%まで低下すると予想、見方が分かれています。米国債利回りに敏感な米ドル円に影響するだけに注目されます。

中国の人民元が1日から主要通貨で構成されるIMFのSDRに採用されます。米ドル、ユーロに次ぐ3番目のシェアとなり、存在感を増しそうです。中国は来週、国慶節で1週間を通じて祝日になります。

来週4日、オーストラリア中銀が政策金利であるキャシュレートを発表します。ロウ新総裁が議長をする初めての会合ですが、金利を据え置くと予想されています。声明で、今後の政策の方向、豪ドル相場にどう言及するかが注目です。

同じ4日、ニュージーランドの乳製品のGDTオークションが実施されます。NZドルの材料になりそうです。

資源国通貨のカナダドルをめぐっては7日のカナダの雇用統計が影響しそうです。

「米株反発」

英FTSE 6899p (-20p)  独DAX 10511p (+105p)  仏CAC 4448p (+4p)

30日のヨーロッパの株式相場はまちまちでした。ドイツ銀行が急反発したことで心理が改善、フランクフルトは1%上昇しました。

米ダウ 18308ドル (+164ドル)  S&P500 2168p (+17p)  ナスダック 5312p(+42p)

ニューヨーク株式相場は大幅反発。ドイツ銀行が14%上昇、つられる形で銀行株が幅広く買われました。前日の下げを消しました。

ニューヨーク原油相場は続伸。終値は0.86%高の48ドル24セント。週間ベースでは8%近く上昇しました。

金相場は反落。0.67%安の1317ドルで取引を終えました。

NY時間30日 午後4時、東京01日午前5時の数字を表示しています。

 [September 30, 2016]  No 031843502

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.15 更新マーケット: 来週の米ドル/円、下振れするか「リスク回避で円高」14日の欧米の外国為替マーケットでは、円が幅広く買われました。中国経済の減速を示す経済データが相次いで発表され、ユーロ圏の製造業と非製造業の…
  • 2018.12.14 更新マーケット: ユーロとトルコリラ小動き、ポンド続伸「資源国通貨が堅調」13日の欧米の外国為替マーケットでは、4つの中央銀行の金融政策を決める会合が注目されました。ECB、スイス中銀、ノルウェー中銀、トルコ中銀は…
  • 2018.12.13 更新マーケット: ポンド大きく戻す、ユーロ高い「ランド堅調」12日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドを買い戻す動きが目立ちました。イギリスの与党・保守党の離脱強硬派として知られるユーロピアン・リサーチ…
  • 2018.12.12 更新マーケット: ポンド続落、トルコリラ軟調「ユーロ下落」11日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが続落しました。イギリスの与党・保守党の議員らが、メイ党首(首相)の不信任投票の発動に十分な48通の…
  • 2018.12.11 更新マーケット: ポンド急落、米ドル堅調「カナダドル下落」10日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが目立って下落しました。EUと合意した離脱協定案のイギリス議会の採決が延期されたことが大きく影響…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ