2分でわかるアメリカ

2016/06/16マーケット: FOMC後に米ドル売り、ポンドのシナリオは

「ユーロ堅調」 

ドル円=105.98円、 ユーロドル=1.1260ドル、 ポンド円=150.57円、トルコリラ円=36.19円、豪ドルドル=0.7406ドル、NZドルドル=0.7034ドル

15日の欧米の外国為替マーケットでは、FRBが金融政策を決めるFOMCで金利を据え置き、慎重な姿勢を示したことを受け、米ドルが売られました。

FOMC声明を受け、年内の利上げは1回にとどまるとの見方が広がりました。4月の会合では1人のみが1回の利上げを示唆しましたが、今回は6人に増えました。FRBのイエレン議長は、最近の経済指標にばらつきがあり、Brexit問題を含め海外情勢が不安定だとした上で、慎重な対応が必要だと会合後の記者会見で述べました。

FOMC声明とイエレン議長の会見がハト派的と受け止められ、米2年債、米10年債の利回りが大幅に低下しました。

米ドルは対円で下落しました。年初来安値の105円50銭を一時的に割りました。105円50銭割れが定着すると、100〜102円まで米ドル安円高が進む可能性があると複数のテクニカル・アナリストが指摘しています。日銀の介入への観測が広がることも予想されます。

ユーロは対米ドルで上昇。対円でも高く取引されました。

このところ変動が激しいポンドはやや落ちつきました。対米ドルで上昇、対円でも堅調でした。

BofAメリルリンチは、国民投票に関する顧客向けレポートの中で、ベースシナリオは、ポンドの対米ドル相場が離脱の場合は10%下落、残留の場合は10%上昇するとコメントしました。唯一確実なことは、不透明なことだとしています。

新興国通貨は全体的に堅調。トルコリラの対円相場はやや買いが優勢でした。南アフリカランドは対円で小幅高でした。

原油相場は続落。カナダドルの対円相場は下落しました。

豪ドルは対米ドル、対円で上昇しました。

NZドルも高く取引されました。15日に実施された乳製品の国際オークションのGDT価格指数は前回比で横ばいでした。

「米株、下げに転じる」

ダウ 17640 ドル(-34ドル)  S&P500 2071p (-3p)  ナスダック 4834p(-8p)

15日のニューヨーク株式相場は5日続落しました。買いが先行、FOMC声明発表後も上昇を維持しました。しかし、終盤に売りが増え、この日の安値で取引を終えました。

ニューヨーク原油相場の終値は0.99%安の48ドル01セント。

金相場はほぼ横ばいでした。

NY時間15日 午後4時、東京時間16日午前5時の数字を表示しています。

[June 15, 2016]  No 031843428

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ