2分でわかるアメリカ

2016/04/16マーケット: 来週の円、再び上昇基調も

「米ドル軟調」
    
ドル円=108.72円、 ユーロドル=1.1279ドル、 ポンド円=154.36円、
トルコリラ円=38.03円、豪ドルドル=0.7712ドル、NZドルドル=0.6910ドル


15日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが軟調でした。

アメリカのミシガン大学の消費者信頼感指数が予想以上に落ち込んだことが影響しました。米国債利回りが低下、米ドル売りを誘いました。

リスク回避で円が買われました。対米ドルで堅調に推移しました。

15日にワシントンDCで開かれたG20財務相・中央銀行総裁会議の声明には、通貨安競争を回避するという文言が盛り込まれました。同時に、為替相場安定の重要性を再確認しました。サプライズはありませんでした。

ユーロは対米ドルで小幅高。対円では小幅安でした。

ポンドは対円でやや軟調でした。

原油価格が下落。原油に敏感なカナダドルは対円で84円台半ばに下落しました。

新興国通貨は全体的に軟調。南アフリカランドは対円で下落。トルコリラの対円相場は、38円台ちょうど近辺に値を下げました。

NZドルは堅調でした。注目を集めた中国のGDPが2009年以来の低成長となったものの、一部で懸念されたほど落ち込まなかったことで安心感が広がりました。

豪ドルは対米ドルで上昇しましたが、対円では軟調でした。

「ドーハ会議に注目」

来週の外国為替マーケットでは、材料視される経済指標の発表が薄いです。G20会議の解釈、ドーハ会議の結論が相場に影響する可能性があります。

ロイタージャパンは、ドーハ会議後も原油価格が底堅く推移すれば、米ドル円は12日からの反発局面での値を維持する可能性があるとの見通しを伝えました。しかし、ドーハで増産凍結協議が決裂した場合などは、投機筋があらためて円買いを仕掛ける可能性が高まるとしています 。レンジは、米ドル円が107円50銭〜110円50銭、ユーロ米ドルは1.1150ドル 〜1.1450ドルと予想しました。

ECBは来週21日に理事会を開催します。BofAメリルリンチは、政策変更がないと見ています。前回の理事会の積極的な緩和措置をマーケットが失望したため、ドラギ総裁が防衛に注力するだろうとしています。

また、BofAメリルリンチは、円相場に関し、中長期的に円高圧力が続くと予想しました。年内は続く見通しだと。米ドル円の6月末は115円、9月末は113円、12月末は110円になると予想。そして、2017年は、四半期ごとに112円、113円、114円、115円と緩やかに円安が進むと見ています。

一方、スコシアバンクは、テクニカル分析は米ドルが対円でネガティブに動くことを示しているとコメントしました。来週、円の上昇基調が再開する可能性があるとしています。

来週20日には、トルコ中銀が金融政策委員会を開きます。バシュチュ氏の後任として就任したチェティンカヤ新総裁の初の会合。マーケットは金利据え置きを予想していますが、エルドアン大統領の利下げを求める政治圧力に新総裁がどう対応するかが注目です。

来週後半は、その次の週にFRBの会合と日銀の会合を控え、マーケット全体に様子見ムードが広がる可能性が指摘されています。

「米株小幅安」

ダウ 17897ドル (-29ドル)  S&P500 2080p (-2p)  ナスダック 4938p(-7p)

15日のニューヨーク株式相場は小幅安でした。強弱感が入り混じる経済指標、ドーハ会議を控え、積極的な取引が控えられました。

ニューヨーク原油相場の終値は2.75%安の40ドル36セント。金相場は0.66%高の1234ドルでした。

NY時間15日 午後4時、東京時間16日午前5時の数字です。

[April 15, 2016]  No 031843386

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.11.14 更新マーケット: ポンド大幅反発、オセアニア通貨高い「カナダドル軟調」13日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドの反発が目立ちました。ブレグジット(イギリスのEU離脱)後の対応に関する草案で合意したとロイター…
  • 2018.11.13 更新マーケット: 米株大荒れ、原油11日続落、米ドル高「円高・米ドル高」12日の欧米の外国為替マーケットでは、ユーロと英ポンドが目立って下落しました。リスク回避で円と米ドルが幅広く買われました。欧州委員会はイタリア…
  • 2018.11.10 更新マーケット: 来週どう動く、米ドル、円、ポンド「円高・米ドル高」9日の欧米の外国為替マーケットでは、円が全面高、米ドルが堅調に推移しました。世界経済の減速懸念、供給過剰などを背景に原油相場がベア相場入り、株…
  • 2018.11.09 更新マーケット: 米ドル反発、トルコリラ安い「欧州通貨軟調」8日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが反発しました。中間選挙後に米ドルは一時弱含みましたが、投資家の関心はFRBの金融政策に移りました。F…
  • 2018.11.08 更新マーケット: 欧米株大幅高、米ドル安・円安「ランド高い」7日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルと円がいずれも軟調でした。アメリカの中間選挙の結果はウォール街の想定内。下院を民主党が奪還しましたが、ト…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ