2分でわかるアメリカ

2016/03/19マーケット: 来週の米ドル円、下値探るか

「ポンド上昇」
    
ドル円=111.66円、 ユーロドル=1.1273ドル、 ポンド円=161.58円、   
トルコリラ円=38.91円、豪ドルドル=0.7595ドル、NZドルドル=0.6785ドル


18日の欧米の外国為替マーケットでは、米ドルが小幅ながら反発しました。


目立った材料はありませんでしたが、FOMC後に2日連続で米ドルが売られた反動で、週末を控えたポジション調整が増え相場を動かしました。

米ドルは対円で小幅高。ニューヨーク株の上昇が米ドル買いを誘いました。ただ、米国債の利回りが低下したことで、米ドルの上げ幅は限定的でした。

ユーロは対米ドルで下落。対円でも軟調でした。ECBのプラート専務理事は、金利は下限に達しておらず、景気次第で追加利下げが可能との見方をイタリアのレプリカ紙に示しました。

ポンドは上昇しました。テクニカル・アナリストの間で、ポンドは目先の底を打ったとの見方が一部であり、自律反発とみられます。イングランド銀行は18日、中国の成長が1%鈍化すれば、イギリスの成長を0.1%押し下げるとの報告書を公表しました。

トルコリラの対円相場は軟調でした。

南アフリカ中銀の利上げを受け前日に上昇したランドは小幅反落しました。

原油相場が下落。カナダは対円で小幅安でした。

豪ドルとNZドルは、それぞれ対米ドル、対円で、利益確定の売りなどで反落しました。

「来週、米ドル円に注目」

来週前半は日本の祝日、後半の金曜日はアメリカをはじめ多くの国がキリスト教のイベントであるイースターに絡む祝日、「グッドフライデー」で休場になります。相場を動かすアメリカの経済指標の発表は軽めです。薄商いになる可能性があります。売買高が低調な場合、相場が急激に動くか、ほとんど動かないという相異なる2つのパターンがあります。

ロイタージャパンでは、東京の3連休中に米ドル円が急落するとの警戒感があると伝えました。FOMCのハト派的な内容を受けた足元の米ドル売りの流れがどれだけ続くかがポイントになるとしています。ニューヨークの株高などリスク選好がつけば、米ドルを下支えするとの見方もあるとしています。レンジについては、米ドル円が110〜113円50銭、ユーロ米ドルが1.1150ドル〜1.1500ドルと予想しました。ユーロの予想レンジがやや大幅です。ユーロ圏では、22日にドイツのIFO景気動向指数とZEW景況感指数が発表されます。

BKアセットマネージメントのストラテジストは、米ドル円が111円を大幅に割って下落した場合、日銀が積極的に介入する可能性があるとコメントしました。

一方、RBSのストラテジストは、米ドル円が105〜110円のレンジに急落した場合、日本の当局が介入するリスクが高まるとブルームバーグにコメントしました。

スコシアバンクのストラテジストは、マーケット関係者が意識する111円という米ドル円の水準を継続的に下振れした場合、テクニカル的な短期の下値は109円20銭だとコメントしました。

円高が続くとの見方が優勢ですが、FTによりますと、UBSは最近の円高は行き過ぎだと見ています。ただ、年末予想については従来の130円から122円へ大幅修正しました。

ところで、来週24日、トルコの中央銀行が金融政策委員会を開催します。3つの政策金利を据え置くと予想されています。バシュチュ総裁は過去に、マーケットが落ち着いたら行動すると発言しています。最近のマーケットの安定度を中銀がどう判断するのか注目です。

ブラジルでは汚職スキャンダルを追求する動きが広がっていますが、これを受け、南アフリカのズマ政権の不正を徹底追求する機運が高まっています。政局不安がランド相場に影響する可能性があります。

「米株続伸、年初水準超える」

ダウ 17599ドル (+118ドル)  S&P500 2049p (+8p)  ナスダック 4795p(+20p)

18日のニューヨーク株式相場は続伸しました。FRBのハト派的なスタンスを引き続き好感しました。運輸株、金融株、ヘルケア株の上昇が目立ちました。ダウとS&P500はいずれも年初水準を上回って1週間を終えました。

ニューヨーク原油相場の終値は1.89%安の39ドル44セントでした。金相場は0.85%安の1254ドルでした。

NY時間18日 午後4時、東京時間19日午前5時の数字です。

 [March 18, 2016]  No 031843367

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.13 更新マーケット: ポンド大きく戻す、ユーロ高い「ランド堅調」12日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドを買い戻す動きが目立ちました。イギリスの与党・保守党の離脱強硬派として知られるユーロピアン・リサーチ…
  • 2018.12.12 更新マーケット: ポンド続落、トルコリラ軟調「ユーロ下落」11日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが続落しました。イギリスの与党・保守党の議員らが、メイ党首(首相)の不信任投票の発動に十分な48通の…
  • 2018.12.11 更新マーケット: ポンド急落、米ドル堅調「カナダドル下落」10日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが目立って下落しました。EUと合意した離脱協定案のイギリス議会の採決が延期されたことが大きく影響…
  • 2018.12.08 更新マーケット: 来週の円振れるか、2019年はドル安か「カナダドル反発」7日の欧米の外国為替マーケットでは、英ポンドが軟調でした。カナダドルは反発しました。注目されたアメリカの雇用統計はやや弱めでした。米2年債と米…
  • 2018.12.07 更新マーケット: 円全面高、加ドル続落「米ドル軟調」6日の欧米の外国為替マーケットでは、リスク回避ムードが強く、安全資産とされる円が幅広く買われました。中国の通信機器大手ファーウェイの副会長がアメリ…

「日刊2分でわかるアメリカ(2分でアメリカを見る)」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ