週刊2分でわかる豪・NZ

2017/08/31北朝鮮リスク、予想外に強いNZドルと豪ドル

「朝鮮半島緊張」


北朝鮮が29日朝、弾道ミサイルを発射しました。速報を受け、29日のオセアニアの外国為替マーケットでは、NZドルと豪ドルが対円で売られました。2つの通貨はリスクに敏感、日本円は安全資産とされることから、わかりやすい動きでした。


対米ドルでも一時的に売られたものの、すぐに値を戻しました。下値の堅さが意識されました。その後開いたヨーロッパの外国為替マーケットでは、NZドルと豪ドルは対円で引き続き売られましたが、対米ドルでは上昇に転じました。


しかし、ニューヨークの外国為替マーケットでは、米ドルが急速に買い戻されました。その動きを受け、NZドルと豪ドルは対米ドルの上げ幅をそれぞれ消しました。


BKアセットマネジメントのストラテジストは、外国為替マーケットは、北朝鮮の脅威が米ドルだけにネガティブだと受けとめ、リスク通貨とされるNZドルと豪ドルに対してはネガティブな影響がなかったとして、興味深いとコメントしました。


ニュージーランドとオーストラリアは朝鮮半島情勢に関心が薄いのか。その逆ではないでしょうか。


個人的な話ですが、29日の北朝鮮のミサイル発射を知ったのはニュージーランドの主要紙ヘラルドのサイトを読んでいる時でした。速報で流れました。


すぐに日本のメディアのサイトを確認しましたが、まだ第1報の段階。アメリカの主要メディアは全く報じていませんでした。


時間が経過しても、アメリカのメディアはテキサス州の洪水の報道一色で、北朝鮮関連のニュースはほとんど報じませんでした。対照的に、ニュージーランドとオーストラリアの主要メディアは、大きく、しかも詳しく伝え、関心の高さを示しました。


 「米ドルに敏感」


NZドルは当面、マーケット全体の米ドルの動きに敏感に反応するとの見方が優勢です。


アメリカの連邦政府の債務上限引き上げ問題が不透明な中、ハリケーン「ハービー」の経済的被害が1000億米ドル(約11兆円)に達する可能性があるとANZのニュージーランド部門のエコノミストが予想しています。ニュージーランド・ヘラルドにコメントしたものです。当面、米ドルの動きがNZドルに大きく影響、目先の注目は1日発表のアメリカの雇用統計だとしています。


一方、豪ドルは、30日のオセアニアの外国為替マーケットで上昇しました。オーストラリアの第2四半期の建設支出の伸びが過去最大となり、オーストラリア経済が予想より底堅いとの見方が広がりました。しかし、欧米マーケットでは、売られました。マーケット全体の米ドル高基調が影響しました。豪ドルも当面、米ドルの動きに左右されるとみられています。


豪ドル/円とNZドル/円はクロス取引。投資家心理が短期間で大きく変わり米ドル/円の振れが大きくなっています。その影響を受けそうです。
 


 [August 31, 2017 AN0105] 

 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.18 更新慎重だった豪中銀、NZドルの底はまだ?「相当期間の据え置き」オーストラリアの中央銀行である準備銀行(RBA)が16日、今月2日に開いた金融政策決定会合の議事録を公表しました。議事録の中でRBAは、豪…
  • 2018.10.11 更新NZドルはまだ高いとの見方※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)「リスク回避」10日の欧米のマーケットが荒れました。ヨーロッパ…
  • 2018.10.04 更新豪ドル安続くとの見方多い※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(1日更新)はこちら(マイページへログイン)「RBA、金利据え置き」オーストラリアの中央銀行である準備銀行…
  • 2018.09.27 更新RBNZとFRB、方向の違いが鮮明※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(25日更新)はこちら(マイページへログイン)「RBNZ、1.75%据え置き」ニュージーランドの中央銀行で…
  • 2018.09.20 更新悪環境で上がる資源国通貨※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「トランプ関税の影響、限定的」アメリカのトランプ大統領は17…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ