週刊2分でわかる豪・NZ

2017/06/01豪が「幸運の国」でなくなる日

「ラッキーカントリー」

2年前にオーストラリアのジェトロのシドニー事務所を訪ねた際、「オーストラリアはラッキーカントリー(幸運の国)」だとの説明を受けました。およそ2400万人の国民が、温暖な気候、強固な経済基盤、豊富な資源に恵まれた大陸を独り占めしているからです。数十年にわたってそう言われてきたとの解説でした。

そして去年8月。フィナンシャル・タイムズ(FT)が「Why Australia’s luck may be running out(オーストラリアの幸運が尽きそうな理由)」と題した記事を掲載しました。この中でFTは、アメリカと中国が要求の多いパートナーに変わったとして、「21世紀はオーストラリアがそれほど幸運ではないかもしれない」と伝えました。

最後に前々日。シドニー・モーニング・ヘラルドが「ラッキーカントリーが遅れをとっている」と報じました。オーストラリアの通貨と株式相場が先進国の中で最もパフォーマンスが悪いとしています。

アメリカの代表的な株式指数であるS&P500は今年に入って7.9%上昇しました。一方、オーストラリアの主要指数であるASX200は横ばい。

通貨もパッとしません。過去3カ月の豪ドルの対米ドル相場は、主要な先進国の中で最悪のパフォーマンスでした。

通貨安と株安の背景には、オーストラリアの主力輸出品である鉄鉱石の価格が2008年以来で最も速いペースで下落したことがあります。下落基調がまだ続いています。過去最低水準の政策金利を続けるオーストラリア中銀(RBA)が利下げする確率が20%程度あるとされることも通貨安を誘っています。

オーストラリアの経済規模は世界第13位。3大格付け会社による最高格付け「AAA」を維持しています。しかし、最高格付けが危なくなっています。

S&Pの幹部がABCのインタビューの中で、オーストラリアの対外債務の大きさを指摘、銀行部門が脆弱だと述べました。その上で、「AAAの国は12カ国あるが、オーストラリアほど対外債務が大きい国はない」とコメントしました。S&Pは、オーストラリアのアウトルック(見通し)をネガティブにしています。

取り巻く環境が大きく変わりました。この2年間でラッキーなオーストラリアに対する見方も変わりました

「弱気な見方」

コモディティ相場の下落、マーケット全体のリスク回避ムードを受け、豪ドルが軟調に推移しています。当面、下落基調が続くとの見方が少なくありません。

目先の材料は、6日のRBAの政策金利発表と声明。そして、翌7日の第1四半期(1-3月)のGDP。特に、GDPの注目度が高いです。

ANZは最新のレポートの中で、第1四半期のGDPが弱くなりそうだとコメントしました。前期比で0.1%の伸びにとどまると予想、下振れリスクもあるとの見方。所得の伸びが鈍いことを背景に家計支出が弱く、年後半の成長見通しを下方修正するかもしれないとしています。

ANZは6月末の豪ドルの対米ドル相場を0.76米ドルと予想していますが、すでにその水準を下回って下落しました。87円との対円相場の見通しも大きく下回っています。いずれ見通しを豪ドル安方向に修正する可能性がありそうです。

「下値堅い」

スイスのIMD世界競争力センターの最新のランキングで、ニュージーランドの総合競争力は16位。2016年から横ばい。オーストラリアは17位から21位にランクを落としました。

オセアニアの2カ国は文化が類似、経済的な連携も盛んです。ただ、陰りがみえるオーストラリアと比べ、ニュージーランド経済は堅調です。主力輸出品の乳製品価格が上昇基調に転じたほか、経済データが良好です。

マーケット全体のリスク回避ムードの影響でNZドルがやや軟調に推移していますが、豪ドルと比べ下値が堅い。ANZは 、NZドルが豪ドルより良いパフォーマンスを示すとの見方を維持するとコメントしました。

目先のNZドルは、マーケット全体のムードに左右されるとみられていますが、下値が堅いと予想されています。


[June 01, 2017 AN0092] 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.08.16 更新豪ドル相場、米・トルコの大統領が押し下げ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(13日更新)はこちら(マイページへログイン)「米トルコ経済戦争」アメリカ人牧師の拘束問題を背景に、トルコ…
  • 2018.08.09 更新ハト派だったRBNZ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(6日更新)はこちら(マイページへログイン)「利上げ時期予想を修正」ニュージーランドの中央銀行にあたる準備…
  • 2018.08.02 更新豪ドルは高いか、安いか※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(30日更新)はこちら(マイページへログイン) 「米中貿易戦争」1日のオセアニア、続く欧米の外国…
  • 2018.07.26 更新豪ドル予想精度トップの見方※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(23日更新)はこちら(マイページへログイン) 「トランプ・ベイビー」オーストラリアのターンブル…
  • 2018.07.19 更新米中貿易戦争でブレグジットが重要に※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(17日更新)はこちら(マイページへログイン) 「揺れるメイ政権」アメリカと中国による貿易戦争の…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ