週刊2分でわかる豪・NZ

2016/12/29米豪金利が逆転するとき

「1858年以来の猛暑」

シドニー・モーニング・ヘラルドによりますと、オーストラリアは記録的な猛暑。最大都市シドニーの29日の気温は摂氏37度。郊外のペンリスの最高気温は42度に達するとの予報です。

12月のシドニーの気温がこれほど上がるのは1858年以来のことだそうです。夜も気温が下がらず、いわゆる熱帯夜。湿度が高いため、気温以上に暑く感じるとヘラルドが伝えました。

一方、ニュージーランドの最大都市オークランドは22度前後と快適。ただ、記録的な乾燥。というより雨が降らない。1月には嵐が襲うとの予報がありますが、こちらの気象も異常です。

気候変動、地球温暖化が南半球でも進んでいます。

「2017年の見通し」

今年最後の「2分でわかる豪・NZ」では、ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)とバンク・オブ・ニュージランド(BNZ)のエコノミストとストラテジストによる2017年の見通しをご紹介します。

見通しは6つのカテゴリーに分かれています。最初は世界的なリフレーション。デフレから抜け出したものの、本格的なインフレーション(物価上昇)には達していない状態をリフレーション、短くしてリフレと言いますが、世界規模でリフレが起こるだろうと予想しました。

2つ目は米ドルがどこまで高くなるか。別の言い方では、豪ドルとNZドルがどこまで安くなるかです。米ドル高基調が続くとしていますが、対豪ドル、対NZドルの上昇率が10%を越すことはないと見ています。豪ドルの対米ドル相場が2017年に0.70ドルまで下落、NZドルは対米ドルで0.67ドルに下落すると予想しました。豪ドルの対円相場については83円との見通し。

3つ目は興味深い。オーストラリアの中央銀行(RBA)が利下げする一方で、アメリカのFRBが利上げするため、豪ドルベースの金融資産に影響しそうだというものです。

現在RBAの政策金利がFRBの政策金利を0.75%上回っていますが、それが逆転。FRBの政策金利が2017年末までにRBAの政策金利を0.25%上回り、2018年末までに格差が1.00%まで拡大するとの予想です。当然ですが、米ドルで調達した資金をオーストラリアの資産に投資するキャリートレードは巻き戻され、その次の展開として豪ドルで調達した資金がアメリカに向かうことも予想されます。

4つ目は国債利回り。RBAが2017年に2度利下げするとの予想から、豪国債の利回りが低下方向に動くと予想。一方、NZ国債の利回りは2017年初めに低下するが、いずれニュージーランド中銀(RBNZ)が利上げサイクルに転換する可能性があり、その影響を受けるだろうとしています。

5つ目は、アメリカのトランプ政権が始動することを受け、債券と外国為替マーケットのボラティリティが高くなるとの予想。6つ目は社債市場。オーストラリアとアメリカの銀行はニュートラル、ヨーロッパの銀行は「アンダーパフォーム」としています。

2017年も引き続き、オーストラリアとニュージーランドの情報を週に一度特集してお伝えします。今年は豪ドルとNZドルが類似した動きを示しましたが、来年は方向が変わる可能性があります。2017年の世界のテーマは米ドルだと思いますが、その動きを受けた豪ドルとNZドルに関する動きを、現地情報と合わせできるだけ丁寧にウォッチしたいと思います。よろしくお願いいいたします。

良いお年をお迎えください。
 
[December 29, 20.16 AN0070]

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.13 更新NZドル、上昇より下落リスク?「予想に反して堅調」オセアニアの大手銀行であるANZは1年前、2018年末のNZドルの対米ドル相場を0.62と予想しました。実際にどうだったのか。NZドルの対米…
  • 2018.12.06 更新豪ドルとNZドル、カナダ中銀の決定に反応か「慎重なカナダ中銀」金融マーケットにおいて、相場の変動の理由は後付けされることが多い。例えば、外国為替マーケットでは、世界経済懸念で円が買われたとか、日米金利格…
  • 2018.11.29 更新パウエル発言の衝撃、豪ドルとNZドル見直されるか「中立金利のわずか下」アメリカの中央銀行にあたるFRBのパウエル議長による28日のニューヨークでの講演がマーケット関係者の注目を集めました。パウエル議長は講演で…
  • 2018.11.22 更新2019年の豪ドルとNZドル、強気な見方「ネガティブ材料」オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)は、20日に公表した議事録で、失業率が目立って低下する可能性があるとみていることを明らかにし…
  • 2018.11.15 更新リスク回避ムードで買われた豪ドルとNZドル「期待感」豪ドルはリスクのバロメーターとされています。マーケットでリスク選好ムードが強まった局面では豪ドルが買われ、反対にリスク回避ムードが高まった際は豪ドルが…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ