週刊2分でわかる豪・NZ

2016/12/22真夏のクリスマスで新年の豪ドル相場を考える

「猛暑」

セレブのゴシップ情報を提供しているTMZが今週、オーストラリア人のハリウッド・スター、ニコール・キッドマンさんが、夫でカントリー歌手のキース・アーバンさんと仲良く日光浴していたと伝えました。シドニーのビーチでクリスマス休暇。

一方、シドニー・モーニング・ヘラルドは、オーストラリアがクリスマスを過ごす最高の場所だとするコラムを掲載しました。アメリカ、イギリス、そしてオーストラリアの合計2000人を対象にしたアンケート調査で3カ国中最高だったとしています。南半球に位置するため真夏のクリスマスですが、雪のイミテーションを飾った街でリラックスできると伝えました。それに比べて、イギリスでは誰もが醜い分厚いコートを羽織っているとしています。

オーストラリアの今年のクリスマスは暑そうです。天気予報によりますと、例年に比べて平均で5度ほど高くなる見込み。メルボルンの25日の最高気温は摂氏35度、アデレードは37度、シドニーは28度の予報です。地球の北側でクリスマスを迎える人には信じられないですね。

「AAA維持」

クリスマスが迫る中、オーストラリアのモリソン財務相が19日、2016-17年度(17年6月まで)の経済成長率見通しを発表しました。5月時点の2.5%から2.0%へ引き下げました。また、オーストラリア政府が発表した中間財政報告は、今年度の財政赤字見通しを小幅に引き下げ、2020−21年度に黒字化するとの見通しを維持しました。

S&Pが今年7月にオーストラリアの格付け見通しを「ネガティブ」に変更したため、政府見通しが注目されていました。S&Pは19日、オーストラリア政府の財政見通しは格付けに影響しないと表明しました。ただ、2021年度までに財政赤字を解消するとの目標については悲観的だとしています。ギリギリ最高格付けのAAA(トリプルA)を維持した格好です。

「2017年は緩やかな豪ドル安か」

オーストラリアでは、すでにクリスマスもしくは年末年始の休暇に入ったマーケット関係者が少なくありません。2016年が過去になり、話題は来年の相場に移りました。

ナショナル・オーストラリア銀行は、1月20日にドナルド・トランプ氏がアメリカの第45代大統領に就任することに関して、中国との貿易戦争が懸念されると19日付のレポートでコメントしました。中国はオーストラリアの最大の貿易相手国、アメリカは3番目。米中間の貿易戦争がオーストラリア経済の大きなネガティブ要因になる可能性があるとしています。

一方、ANZは、年内最後のマーケット・レポートの中で、FRBがタカ派的だったこともあり、米ドル高が継続しそうだとコメントしました。2017年末の豪ドルの対米ドル相場見通しは0.68ドルで維持、対円相場の予想は78.20円としています。

JPモルガンも類似した見方。来年の豪ドルは下落基調になりそうだと予想しています。高金利を背景にキャリートレードの恩恵を受けてきたが、米豪金利格差が縮小することが豪ドル相場に打撃になりそうだと見ているとイギリスの金融情報サイト、ポンド・スターリング・ライブが伝えました。豪ドルが過大評価されていて、2017年までに対米ドル相場が0.68ドルまで下落すると予想しました。ANZと同じ水準を見ています。

年内の豪ドル相場についてはレンジ、もしくはやや軟調に推移するとの見方が優勢です。

「2017年のNZ」

ウエストパックのニュージーランドのチームは、今年最後のレポートの中で2017年の見通しを伝えました。さらなるショックやサプライズがあるだろうとした上で、まず、今月の首相交代により、来年11月18日より前に選挙が実施される可能性があり注目されるとしています。ただ、2大政党の経済政策に違いがないことから、大きな変化はなさそうだとしています。中央銀行の政策金利に関しては、現行の1.75%が続きそうだとコメントしました。

NZドルの対米ドル相場については、2017年末までに0.68ドルに下落すると予想。現在より若干安い水準です。対円相場は76.20円という見通しでした。

ニュージーランドもいまは夏です。クリスマスの天気予報は全国的に晴れ。25日のウェリントンの予想最高気温は摂氏17度。オークランドは19度。そしてクライストチャーチは20度の見込み。オーストラリアと比べ過ごしやすそうです。
 
 [December 22, 20.16 AN0069]

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.10.11 更新NZドルはまだ高いとの見方※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(9日更新)はこちら(マイページへログイン)「リスク回避」10日の欧米のマーケットが荒れました。ヨーロッパ…
  • 2018.10.04 更新豪ドル安続くとの見方多い※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(1日更新)はこちら(マイページへログイン)「RBA、金利据え置き」オーストラリアの中央銀行である準備銀行…
  • 2018.09.27 更新RBNZとFRB、方向の違いが鮮明※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(25日更新)はこちら(マイページへログイン)「RBNZ、1.75%据え置き」ニュージーランドの中央銀行で…
  • 2018.09.20 更新悪環境で上がる資源国通貨※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(18日更新)はこちら(マイページへログイン)「トランプ関税の影響、限定的」アメリカのトランプ大統領は17…
  • 2018.09.13 更新投資家の関心、オセアニアから北米へ※今週の相場がまるわかり『Weekly投資戦略ガイド』(10日更新)はこちら(マイページへログイン)「NZ中銀法見直しへ」ニュージーランド財務省は今週10日、中…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ