週刊2分でわかる豪・NZ

2019/04/25レンジ下限に達したNZドル、急落した豪ドル

「休暇モード」    

日本では来週から大型連休。オセアニアでは一足早く10連休が訪れました。事実上の連休ですが。

先週金曜日はイースター前の「グッドフライデー」、今週月曜は「イースターマンデー」でいずれも祝日。さらに25日木曜は「アンザックデー」。第一次世界大戦の「ガリポリの戦い」で戦ったオーストラリアやニュージーランドの兵士らを追悼する祝日。学校の春休みも重なったことで、オセアニアでは19日から28日まで10連休を取ることが奨励されました。

いまは事実上の10連休の後半。休暇モードで、今週のNZドルと豪ドルはいずれも薄商いです。

「11月からのレンジ下限」

薄商いの中、イースター後のNZドルが軟調に推移しています。24日の取引で、NZドルの対米ドル相場は1NZドル=0.65米ドル台に下落、年初来安値をつけました。商いが低調だったことで、振れが大きくなった可能性があります。

バンク・オブ・ニュージーランド(BNZ)は、最新のレポートで、現在のレートと短期フェアバリュー(独自モデルで算出した公正価格もしくは適正価格)との格差が今年最大に拡大したとコメントしました。その上で、マーケット全体でリスク選好ムードが強く、ニュージーランドに関係が深いコモディティの価格が上昇していることを考えると、NZドルは3.5%割安になっているとしています。

NZドルの対米ドル相場は、1月3日の「フラッシュクラッシュ」を除くと、11月からレンジで推移しています。現在はレンジの下限にあります。

BNZは、NZドルがレンジ下限まで売られても、パニックにはなっていないと指摘。6月末はいまの水準より小幅NZドル高方向の1NZドル=0.67米ドルとの予想を据え置きました。

ちなみにBNZの対円相場の見通しは1NZドル=75円。いまの水準と比べ小幅NZドル高方向を予想しています。

CFTCが公表した最新の通貨先物ポジションでは、NZドルの対米ドルでのショート(売り)ポジションが増えました。ただ、懸念する水準にはまだ達していないとの見方もあります。

「RBA、早期利下げ観測」

NZドルが年初来安値を更新したのは、豪ドルの急落に連動したものだとの指摘もあります。

オーストラリア政府統計局が24日発表した第1四半期(1-3月)の消費者物価指数(CPI)は3年ぶりの低い伸びを記録し、豪ドル相場が急落しました。

CPIは前期比で横ばい、前年同期比で1.3%上昇と予想を下回りました。オーストラリア中銀(RBA)がインフレ基調を探る上で重視するトリム平均値と加重中央値の平均は約1.4%の上昇と、RBAのインフレ目標レンジの2~3%を大きく下回りました。

前回インフレ率がこれほど鈍化したのは2016年。RBAは2016年の5月と8月に2回の利下げを実施しています。今回も早い段階で利下げに踏み切るとの観測がマーケットで広がりました。豪ドル相場に5月利下げが60%程度織り込まれたとの見方もあります。

豪ドルはリスクに敏感な通貨とされています。特に世界経済のリスクとされる中国の動向に敏感です。

中国景気の減速への懸念が強い中、このところ発表される中国の経済指標は改善傾向が鮮明。第1四半期(1-3月)のGDP速報値は6.4%とやや強め。雇用、物価、所得などのデータも予想を上回りました。中国景気が減速するリスクへの懸念が後退した形。しかし、豪ドルは目立った反応を示しませんでした。

ABCは、中国経済の改善はオーストラリア経済にとって良いことばかりではないと伝えました。中国の経済構造の変化で、製造業や不動産開発などからサービス、テクノロジーなどに主力が移りつつあるからです。オーストラリアは主に鉄鉱石、銅などの資源を中国に輸出しています。構造変化がさらに進めば、鉄鉱石などの需要が減少する恐れがあります。ABCは、中国の経済構造改革がオーストラリア経済に打撃になる可能性があると解説しました。

豪ドルは当面、国内の経済指標に反応しそうです。5月利下げ予想が優勢になりましたが、追加利下げについては見方が分かれています。目先は、対米ドルで節目の0.70を割り、年初来安値を更新するかに注目が集まっています。

[April 24, 2019 AN0189]

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.05.16 更新総選挙が動かす豪ドル「野党優勢」オーストラリアの総選挙が18日、次の土曜日に実施されます。定数151の下院の全議席と、定数76の上院の約半分の議席が改選されます。モリソン首相率いる…
  • 2019.05.09 更新NZ利下げ、豪は据え置き、相場展開どう見る「予想通りの0.25%引き下げ」ニュージーランドの中央銀行である準備銀行(RBNZ)は8日、政策金利のオフィシャル・キャッシュレート(OCR)を25ベースポイン…
  • 2019.04.25 更新レンジ下限に達したNZドル、急落した豪ドル「休暇モード」    日本では来週から大型連休。オセアニアでは一足早く10連休が訪れました。事実上の連休ですが。先週金曜日はイース…
  • 2019.04.18 更新豪ドルとNZドル、下げは一時的?「年内2回利下げか」オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)が16日に公表した4月2日の理事会議事録は、近い将来の政策金利引き下げを示唆するハト派的な…
  • 2019.04.11 更新豪ドル、5月18日にらんだ思惑「IMFの下方修正」国際通貨基金(IMF)が9日、世界経済の2019年の成長率見通しを3.3%に引き下げました。1月時点の見通しから0.2ポイントの小幅な下方修…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ