週刊2分でわかる豪・NZ

2019/02/07豪ドル方向変えたRBA、NZドルはどうか

「豪ドル上下に振れる」

オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)が、5日の金融政策委員会で政策金利のオフィシャル・キャッシュレートを1.50%に据え置くことを決めました。予想通りでした。

RBAは声明で、世界の成長見通しに下振れリスクがあるとの認識を示しました。オーストラリア経済も下振れリスクが若干拡大したとしています。しかし、失業率がさらに低下、インフレ率が目標水準に回帰することが予想されていると締めくくりました。マーケット関係者が想定したほど悲観していないことがわかりました。

RBAの次の動きは利下げではなく、やはり利上げではないか。マーケットが反応、5日の取引で豪ドルが主要国通貨の中で目立って上昇しました。対米ドル、対円で高く取引されました。

RBAのロウ総裁が6日、シドニーのプレスクラブで講演しました。講演が金融政策委員会の翌日に急遽設定されたため注目を集めました。

講演でロウ総裁は「オーストラリアの雇用が増え、賃金の伸びが加速すれば、インフレ率が上昇し、政策金利の引き上げが適切になる」と述べました。
そして、ロウ総裁は「一方、不透明感が広がり、経済が予想以上に弱まり、所得と個人消費が失望的な状況になる可能性もある」と続けました。「失業が増え、インフレ率の停滞が続く場合、利下げが適切になるだろう」との考えを示しました。

ロイターは、経済の下振れリスクが強まるなか、利下げに道を開き、これまでの引き締めバイアスがシフトした格好だと伝えました。ロウ総裁の講演では、経済への圧力とマーケットの期待の統制のバランスを取る難しい状況にRBAが直面していることが浮き彫りになったとしています。

投資家は敏感でした。前日は豪ドル買いが優勢でしたが、売りに転じました。RBAの会合声明は、予想ほど悲観的ではありませんでしたが、ロウ総裁の講演は予想以上にハト派的だった。

豪ドルの対米ドル相場は6日の欧米マーケットで、0.71ちょうど近辺まで売られました。クロス取引の対円相場は一時78円台前半まで下落しました。

シドニーモーニングヘラルドは、マーケットはRBAが利下げに動く可能性は50%としていたが、ロウ総裁の講演を受けて今年11月までに利下げする確率が70%に上がったと報じました。2021年までに利下げされることが相場に織り込まれたとしています。

「金融政策報告と選挙」

豪ドルをめぐる目先の注目は、RBAが四半期に一度発表する金融政策報告です。8日に公表されます。成長見通しを下方修正するとみられています。インフレ見通しも前回11月時点の予想から微調整される可能性があります。問題はどの程度修正されるか。豪ドル相場に影響しそうです。大幅修正の場合は、豪ドルの当面の方向を決める可能性があります。

BKアセットマネージメントのストラテジストは、豪ドルの対米ドル相場について、20日、50日、100日の移動平均を下回っていて、目先0.70まで豪ドルが売られる可能性があるとコメントしました。

中期的に注目されるのは5月末までに実施されるオーストラリアの連邦選挙。5月7日にはRBAの会合が予定されています。

RBAは2007年の選挙の2週間前に利上げしていて、選挙結果に影響したと分析されています。RBAがどう動くか。思惑、憶測が豪ドル相場に影響することが予想されます。

「NZドル連れ安」

ニュージーランドの大手組合フォンテラが主導する6日の乳製品のオークションが堅調でした。GDT価格指数が6.7%上昇しました。しかし、6日の取引でNZドルが下落しました。

豪ドルに連れ安したと指摘されました。7日に発表されたニュージーランドの第4四半期(10-12月)の雇用統計が予想を下回ったこともNZドル売りにつながりました。

ただ、利下げ予想が強まるRBAと比べ、ニュージーランドの中銀であるRBNZは相当期間にわたり政策金利を据え置くとの見方が優勢。金融政策を材料に豪ドルが売られる局面でも、NZドルの下げ幅が限定的になりそうだと指摘されています。

NZドルをめぐる目先の材料は来週13日のRBNZの会合。1.75%の政策金利を据え置くとの予想が優勢ですが、声明のトーンがNZドルの当面の方向を決める可能性があります。

[February 7, 2018 AN0178]

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.14 更新NZドルと豪ドル、微妙な違いが相場に反映「RBNZ、中立トーン」ニュージーランドの中央銀行である準備銀行(RBNZ)が、ウェリントンの本部で13日に開いた金融政策委員会で、政策金利のオフィシャルキャッ…
  • 2019.02.07 更新豪ドル方向変えたRBA、NZドルはどうか「豪ドル上下に振れる」オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)が、5日の金融政策委員会で政策金利のオフィシャル・キャッシュレートを1.50%に据え置く…
  • 2019.01.31 更新動く豪ドル、方向決めるRBA「豪ドル振れる」年末から年始にかけて豪ドル相場は軟調に推移しました。シドニーやメルボルンなど都市圏を中心に住宅価格の下落が止まらないことが背景にあります。住宅ロ…
  • 2019.01.24 更新豪ドルめぐる見方、上値重いか「RBAも?」先週のレポートで、ニュージーランドの中央銀行にあたる準備銀行(RBNZ)が年内にも利下げに転じるとの予想が増えているとお伝えしました。ニュージーラ…
  • 2019.01.17 更新豪ドルとNZドルの相場観「上値重いNZドル」このところ、NZドル相場の上値の重さが目立ちます。米中の貿易をめぐる協議の進展、中国政府の景気刺激策、堅調な乳製品のオークション。ポジティブ…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ