週刊2分でわかる豪・NZ

2018/02/15NZドル堅調も、長期ではどうか

「アダム・リッポン」


メダルラッシュが続き、日本でも平昌冬季オリンピックの話題で盛り上がっていると思います。


ニュージーランドも沸いています。ニュージーランドの選手がメダルを獲得したからではなく、アメリカのメダリストの発言で盛り上がっています。


アメリカのフィギュアスケート男子代表のアダム・リッポンさん。リッポンさんは団体で銅メダルを獲得、アメリカの朝の番組に出演しました。「帰国して最初にすることは、オイスター・ベイのソービニヨン・ブランを買うことだ」と笑顔で答えました。


オイスター・ベイはニュージーランド・ワインのブランド。辛口でミディアムボディの白ワインは高級ワインではありませんが、アメリカやイギリスでベストセラーになっています。


アメリカのメダリストがニュージーランドのワインで祝福、とニュージーランドの主要紙ヘラルドが大きく報じました。記事では、金メダルのカナダや銀メダルのロシアの選手ではなく、リッポンさんの活躍を絶賛していました。


ニュージーランドは平昌オリンピックに21人の選手を送っていますが、これまでのところメダルを獲得していません。


「NZドル堅調」


NZドルが堅調に推移しています。ニュージーランドの中央銀行であるRBNZが14日に公表した四半期調査で、インフレ期待の高まりが示されたことが背景の1つです。調査によると、企業経営者による今後2年間のインフレ率予想の平均は2.11%でした。前回調査の2.02%から上昇しました。


14日の欧米マーケットでは、NZドルが対米ドルで大幅に上昇。対円でも高く取引されました。


ただ、長期的にはNZドルは売られるとの見方が依然として優勢です。アメリカのFRBが今年3回の利上げをすると予想されています。一方、NZ中銀は当面の間、金利を据え置くとみられています。NZ中銀は利上げ時期を2019年半ばと示唆していますが、ウエストパックのエコノミストは2019年終盤まで利上げがないとみています。


FRBの利上げ予想やインフレ期待を背景に米10年債利回りが2.9%台に乗せました。ニュージーランド10年債の利回りとほぼ並びました。利回り逆転は近いとみられます。高金利通貨としてのNZドルの投資妙味がなくなり、対米ドルを中心に売られるとの長期的な予想が多くあります。


「豪ドルも方向は同じか」


14日の取引では、豪ドルも堅調でした。対米ドル、対円で上昇しました。マーケット全体の動きに連動しました。


ただ、長期的にはNZドルと同様に弱気な見方が優勢です。豪米の政策金利は年内に逆転するとの見通しが背景です。


 [February 15, 2018 AN0129]

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.02.14 更新NZドルと豪ドル、微妙な違いが相場に反映「RBNZ、中立トーン」ニュージーランドの中央銀行である準備銀行(RBNZ)が、ウェリントンの本部で13日に開いた金融政策委員会で、政策金利のオフィシャルキャッ…
  • 2019.02.07 更新豪ドル方向変えたRBA、NZドルはどうか「豪ドル上下に振れる」オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)が、5日の金融政策委員会で政策金利のオフィシャル・キャッシュレートを1.50%に据え置く…
  • 2019.01.31 更新動く豪ドル、方向決めるRBA「豪ドル振れる」年末から年始にかけて豪ドル相場は軟調に推移しました。シドニーやメルボルンなど都市圏を中心に住宅価格の下落が止まらないことが背景にあります。住宅ロ…
  • 2019.01.24 更新豪ドルめぐる見方、上値重いか「RBAも?」先週のレポートで、ニュージーランドの中央銀行にあたる準備銀行(RBNZ)が年内にも利下げに転じるとの予想が増えているとお伝えしました。ニュージーラ…
  • 2019.01.17 更新豪ドルとNZドルの相場観「上値重いNZドル」このところ、NZドル相場の上値の重さが目立ちます。米中の貿易をめぐる協議の進展、中国政府の景気刺激策、堅調な乳製品のオークション。ポジティブ…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ