週刊2分でわかる豪・NZ

2018/01/04豪住宅価格、下落ペースが加速

「2018年に10%下落も」


2018年のオーストラリアの主要各紙に、住宅価格の下落を伝える記事が1面に掲載されました。


コアロジックが2日発表したオーストラリアの各都市の12月の住宅価格では、ほぼ半分の都市で価格が低下しました。


最大都市シドニーの住宅価格は前月比で0.9%低下。第2の都市メルボルンは0.2%マイナス、北部のダーウィンは0.9%低下しました。


四半期ベースでは、シドニーの住宅価格は2.1%下げました。一戸建ては2.9%の価格低下。2017年の8月にピークをつけた後、下落基調が続いています。


オーストラリア当局が2017年春に導入した住宅ローンの規制強化の影響だと専門家が指摘しています。ほぼ同じタイミングで中国政府が海外投資に対する規制を強化したことも影響している可能性があります。それまでは中国人の不動産投資が活発でした。シドニーの中心部の不動産会社の広告の多くは、英語と中国語が併記されています。


シドニー・モーニング・ヘラルドは、複数の不動産リサーチ会社が、シドニーの住宅価格が今後12カ月〜18カ月で10%程度下落すると予想していると報じました。


シドニーの住宅の中間価格は89万5432豪ドル。住宅ブームが始まる前の2002年末の平均価格は52万豪ドルでしたので、依然として高い水準になります。


ヘラルドによると、オーストラリアの不動産市場は7年から10年のサイクル。仮に2017年8月にピークを打ったとすると、今後7年から10年程度、下落基調が続く可能性があります。


住宅バブル崩壊のリスク、低い賃金の伸び、高い家計債務が2018年のオーストラリア経済に脅威となりそうだと豪ABCは報じました。


「オークランドも」


住宅価格の下落はニュージーランドも同様。リアルエステート・インスティテュート(REINZ)が発表した最大都市オークランドの販売価格の中間値は85万NZドルと、1年前と比べ3.2%下落しました。


オークランド市が先月発表した住宅評価額は、前回評価した2014年と比べ45%も上がりました。高くなりすぎたとの指摘があります。労働党のアーダーン政権が誕生、海外からの不動産投資を制限した影響が今後広がる可能性があります。


年明け2日に実施された乳製品のオークションは堅調でした。GDT価格指数が2.2%上昇しました。ただ、ニュージーランドの主力輸出品である乳製品の価格が今後、下落基調になる可能性があります。需給バランスが崩れたことが背景。ニュースサイトのスタッフによると、ラボバンクは最新の四半期レポートの中で、乳製品の価格見通しを下方修正しました。


住宅と乳製品の価格下落が、2018年のニュージーランド経済にとって打撃となる可能性があります。


「マーケット全体の影響」


年明けの豪ドルとNZドルは、それぞれ堅調に推移しています。クリスマス以降の堅調さが継続しています。


ただ、豪ドルとNZドルの上値は限定的との見方が少なくありません。アメリカと比較して成長が緩やかで、アメリカとの国債利回り格差が縮小、もしくは逆転する見通しが背景です。主要金融機関のストラテジストのほとんどが、2018年の豪ドルとNZドルの緩やかな下落を予想しています。


 [January 04, 2018 AN0123] 
 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2018.12.06 更新豪ドルとNZドル、カナダ中銀の決定に反応か「慎重なカナダ中銀」金融マーケットにおいて、相場の変動の理由は後付けされることが多い。例えば、外国為替マーケットでは、世界経済懸念で円が買われたとか、日米金利格…
  • 2018.11.29 更新パウエル発言の衝撃、豪ドルとNZドル見直されるか「中立金利のわずか下」アメリカの中央銀行にあたるFRBのパウエル議長による28日のニューヨークでの講演がマーケット関係者の注目を集めました。パウエル議長は講演で…
  • 2018.11.22 更新2019年の豪ドルとNZドル、強気な見方「ネガティブ材料」オーストラリアの中央銀行にあたる準備銀行(RBA)は、20日に公表した議事録で、失業率が目立って低下する可能性があるとみていることを明らかにし…
  • 2018.11.15 更新リスク回避ムードで買われた豪ドルとNZドル「期待感」豪ドルはリスクのバロメーターとされています。マーケットでリスク選好ムードが強まった局面では豪ドルが買われ、反対にリスク回避ムードが高まった際は豪ドルが…
  • 2018.11.08 更新NZドル、上昇基調に転じるか「金利据え置き」ニュージーランドの中央銀行にあたる準備銀行(RBNZ)は、8日に開いた金融政策委員会で1.75%の政策金利を据え置きました。市場の予想通り。金利…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ