週刊2分でわかる豪・NZ

2017/11/302018年のNZドル見通し

「落ち着く」


9月23日の総選挙前、選挙結果の不確実性からNZドルは軟調に推移。選挙後は連立政権の行方の不透明感から売られました。そして、労働党のアーダーン政権が誕生したことがサプライズになり、NZドルは一段安になりました。しかし、ここにきてNZドル相場は落ち着きを取り戻しました。


ニュージーランドの中央銀行(RBNZ)は、29日に公表した半年に1度の金融安定レビューの中で、「金融システムは健全であり、システムリスクが半年で低下した」との認識を示しました。RBNZは同時に、住宅ローンの規制を緩和することを発表しました。


規制の緩和は大方の予想より早いものでした。背景には、最大都市オークランドなどで住宅市場が弱含んでいることがあります。ニュージーランド全体の経済が減速傾向にあることも背景の1つとみられます。


大手銀行ウエストパックは最新のレポートの中で、「成長減速が進んでいる」とコメントしました。2018年のGDP見通しを下方修正。一方で、2019年と2020年については見通しを上方修正しました。


NZドル相場に最も影響するのは、NZ経済、RBNZの金融政策、そして、アメリカや中国を初めとする海外要因の3つがあるとされています。


2つ目については、見方に強弱感が混在しています。ウエストパックはRBNZが2019年後半まで政策金利を据え置くと予想。一方、ANZは、RBNZが来年の第4四半期に0.25%利上げ、2019年第1四半期に0.25%追加利上げするとみています。


「対米ドルでは強気」


こうした中、NZドルの対米ドル相場が年末から来年にかけてリバウンド(反発)するとの見方が少なくありません。


独立系のポンドスターリングライブは先週、NZドルの今後の下げは限定的になりそうだと伝えました。


そして今週。ポンドスターリングライブは、NZドルが再びトレーダーに好まれる通貨になりはじめたと解説しました。CFTCのNZドルのショート(売り)ポジションがピークに達し、ポジション調整がNZドル相場を押し上げるとの指摘があるとしています。モルガンスタンレーのストラテジストは、「ポジションの変化で心理が改善、NZドルのリバウンドにつながっている」とコメントしました。


バークレイズは、NZドルの対米相場が年末に0.70をつけると予想しました。現在と比べ小幅高の水準です。そして、2018年については、四半期ごとに0.71、0.72 、0.73と上昇し、年末は0.74になるとみています。


一方、ANZは、2018年の第1四半期から第3四半期までNZドルの対米ドル相場が0.73で推移、第4四半期に下げに転じると予想。来年のNZドルの対円相場については、四半期ごとに87円60銭、81円80銭、75円60銭、71円40銭と段階的に下がることを想定しています。


RBNZのスペンサー総裁代行は前回の金融政策委員会後の記者会見で、NZドル相場が持続可能な水準に近づいているとの認識を示しました。


BNZ(バンク・オブ・ニュージーランド)は、中銀のRBNZが注視しているTWI(貿易加重指数)が、自社で算出する長期的なPPP(購買力平価)に非常に近づいているとコメントしました。ただ、通貨ペアにバラツキがあると指摘。PPPと実際の値動きとの比較から、NZドルは今後3〜5年、対米ドルで上昇する可能性があると予想。その一方で、対円、対ユーロ、対英ポンドでは下がる見通しだとしています。


 


[November 30, 2017 AN0118] 
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ