週刊2分でわかる豪・NZ

2017/11/02緩和観測、豪ドルとNZドルを圧迫

「住宅ブーム終焉」


大手金融機関UBSは、オーストラリアの住宅ブームが終わったと顧客向けメモでコメントしました。シドニー・モーニング・ヘラルドは、「オーストラリアの世界記録が止まった」と報じました。


UBSによると、オーストラリアの住宅価格は55年連続で上昇しました。上昇率は6500%超。しかし、最大都市シドニーの住宅価格が2カ月連続で下落、「公式」に住宅ブームが終わったとしています。


コアロジックが2日発表した住宅関連統計では、シドニーの第3四半期の住宅価格が前の四半期に比べ0.6%下落しました。ダーウィンは4.4%低下、パースは0.7%下がりました。メルボルンの住宅は0.5%値下がりしました。


「中国人の資金引き揚げ」


中国人は東京を含めた世界の主要都市の不動産から撤退、売りに転じたとの話を最近、よく耳にします。オーストラリアも同様。中国人が積極的に投資したシドニー中心部の大型プロジェクトが突然中止されるなど、中国人投資家の不動産投資に異変が起きています。


ブルームバーグがまとめた統計では、今年半ば以降、オーストラリアの不動産に流入する中国マネーが急減しました。不動産オークションに参加する中国人が減り、成約率は去年の75%から60%に低下しました。中国政府が海外へ資本を持ち出すことを厳しく規制したことが大きく影響しているとみられています。


ABCによると、クレディスイスはオーストラリア経済に関するレポートの中で、中国の資本持ち出し規制が厳格化した影響で中国からの資本流入が大幅に減少、その影響でシドニーの住宅市場は減速したというより冷え込んでいるとコメントしました。その上でクレディスイスは、オーストラリアの中央銀行(RBA)が利下げする可能性があるとの見方を示しました。


先週25日に発表されたオーストラリアの第3四半期の消費者物価指数は、前月比0.6%、前年比1.8%にとどまり、いずれも予想を下回りました。これも影響して、RBAの利上げ観測が後退しつつあります。大手銀ANZやNABは依然として2018年中の0.50%の利上げを予想していますが、見通しが将来修正される可能性があります。


利上げ見通しが利下げ予想に転じると、豪ドルはさらに下落する可能性があります。当面は、オーストラリアの雇用統計、住宅関連指標、そして、インフレ指標に敏感に反応しそうです。


2重国籍問題で副首相を含め6人の議員が失職。これも影響して、豪ドルは軟調に推移しています。「売られすぎ」との見方はなくなりつつあり、当面、対米ドルで軟調に推移する可能性があります。


「新政権にらむ」


1日のオセアニアと欧米市場で、NZドルが反発しました。1週間ぶりの高値。第3四半期の雇用統計が予想以上に強かったことが背景です。


しかし、NZドルが上昇基調に転じたとの見方はほとんどありません。「売られすぎ」との見方が依然としてありますが、先週発足した新政権の政策の全容はまだ明らかになっておらず、不透明感が強いようです。アーダン政権は、連立を組んだNZファースト党の影響もあって、中央銀行を改革する方針を示しています。これを受け、マーケットの一部で金融緩和観測が浮上しました。当面のNZドルの重石になると予想されます。


緩やかなNZドルの下落基調が続くとの見方が優勢です。上昇する局面でも上値が重くなる可能性があります。新政権のメッセージに一喜一憂するとみられます。


目先の注目は、9日に発表されるニュージーランド中銀の金融政策声明です。


[November 02, 2017 AN0114] 
 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

バックナンバー

  • 2019.01.17 更新豪ドルとNZドルの相場観「上値重いNZドル」このところ、NZドル相場の上値の重さが目立ちます。米中の貿易をめぐる協議の進展、中国政府の景気刺激策、堅調な乳製品のオークション。ポジティブ…
  • 2019.01.10 更新豪ドルとNZドル、アナリストはこう見る「一時急落後に落ち着く」年明け3日に発生した米ドル/円のフラッシュ・クラッシュ(瞬時の急落)。流動性が著しく低下したことで振れが極端に大きくなりました。豪ドル相…
  • 2018.12.27 更新2019年の豪ドル、NZドル「下落基調続いた2018年」2018年の豪ドル相場は、アメリカのFRBとRBA(豪中銀)の金融政策の方向の違い、米中貿易戦争と中国経済の減速、コモディティ相場の…
  • 2018.12.20 更新FOMCの衝撃、豪ドルの下振れリスク「RBA悩ます住宅市場」2017年初頭から始まったオーストラリアの住宅価格の下落。特に、シドニーとメルボルンの価格の落ち込みが激しい。すでに高値から10%下落し…
  • 2018.12.13 更新NZドル、上昇より下落リスク?「予想に反して堅調」オセアニアの大手銀行であるANZは1年前、2018年末のNZドルの対米ドル相場を0.62と予想しました。実際にどうだったのか。NZドルの対米…

「週刊2分でわかる豪・NZ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ