【 スワローズアカデミア2016 第2回開催!】

2016年8月11日、当社がスポンサーをつとめる東京ヤクルトスワローズとのコラボレーションイベント 『スワローズアカデミア2016 進化が見える野球教室』を開催いたしました。
各回「進化」を掲げている本イベント。第1回目は投球法について学び、第2回目である今回は、『ホームランは打てるのか?~必ず遠くまで飛ばせる打撃術~』というテーマを掲げ、東京ヤクルトスワローズOBの副島孔太氏・野口祥順氏、そして、おなじみギャオス内藤こと内藤尚行氏のご指導のもと、打撃術について学びました。

Photo

8/11、夏の真っただ中のこの日。昼間こそ猛暑でしたが、日が落ちてからは爽やかな風も出てきて、野球練習にピッタリの気持ちの良い気候となりました。会場では早くから打撃術の進化を望む参加者の皆さまで賑わい、それぞれアップに励んでいらっしゃいました。皆さま本番前にもかかわらず、準備運動に余念がありません。ホームランを打ちたくてうずうずしている様子が伝わってきます。
お盆前ということもあってか、スタンド席には観客(参加者のご同伴者様)も多く、観客席からの声援も会場を大いに盛り上げていました。

Photo Photo

今回も、オープニングは司会進行の島根さだよし氏の掛け声から。
司会進行役島根氏:「みんな、ホームラン打ちたいかー!!」  一同:「ぅおー!!」
力強い雄たけびから、熱意が伝わってきます。
そこに今回の講師、ギャオス内藤氏・副島氏・野口氏がハイタッチとともに登場!
いよいよ練習がスタートしました。

Photo Photo

練習はまず、自分の打撃を知るところから始まりました。
ティーを出す人、打つ人それぞれチームに分かれてロングティーバッティングを行います。
早くも遠くへ飛ばしている方もいれば、出されたボールを打つのがやっとの方、レベルの差はあれど、重要なのは思いっきり振ること。打てても打てなくても、知らない同士でも、声を出し合ってお互いを盛り上げていらっしゃいました。

Photo Photo

Photo

自分のバッティングを再確認できたところで講師の皆さまからコツを教えていただきました。
「とにかくまっすぐ飛ばす。」しっかりエネルギーを溜めたらまっすぐ前を意識してエネルギーを放出させること。まずはこれを意識しましょう、とのこと。
単純そうに見えることですが、なかなかできていない方も多かった様子。

自分のバッティングを改めて見直しつつ、4チームに分かれて、1チームずつ講師とのマンツーマンのロングティー練習を行いました。元プロ選手から直接ご指導いただけるとあって、皆さまの熱気も一段と上がったようでした。

Photo Photo

たった数分のはずなのに、皆さまヘトヘトになって戻っていらっしゃるところを見ると、講師の方の熱血指導ぶりがうかがえます。
その甲斐あってか、神宮球場内に快音の嵐が巻き起こっていました。中にはホームラン級の打球もちらほら…!
自分の番が終わって後も、他の方の指導を見に行ったり、今教わったフォームを反芻するように素振りをくりかえしたり、皆さまの熱血ぶりも負けてませんでした。

Photo

一方、他のチームではギャオス内藤氏による筋トレ&トークショーが開催されました。
こちらも普段行わない筋トレやストレッチで皆さまヘトヘトに。
ですが、広い神宮球場でのストレッチは大変気持ちよく、皆さますがすがしい表情をしていらっしゃいました。


そしてクライマックスは、恒例の選抜者vs講師の直接対決!
今回もレベルに関係なく、練習を通じて最も輝いていた4名が選抜されました。投手はもちろん、ギャオス内藤氏。4名は順番にバッターボックスに入ります。
結果はなんと!!ホームランが出たものの、元プロ選手の力の前に、選抜チーム敢えなく敗退…
ですが、終わった後は皆さま満面の笑顔。

Photo Photo Photo

最後は参加者全員で記念撮影。
短い時間ながらも盛りだくさんの内容で、大変満足度の高いイベントとなりました。

Photo

当社はこれからも東京ヤクルトスワローズのスポンサー活動を通じ、「育成」と「教育」をテーマとしたCSR活動に取り組んでまいります。