written by FX取引向上委員会 x sponsored by マネースクウェア・ジャパン

FXに疲れた人が読むリハビリブック

FXの失敗パターンはそんなに多くない。

FXを始めたものの上手くいかない、思ったほど利益を上げることができない、
それどころか損ばかり、FXにはもう疲れてしまった――。

しかし、FXで着実に利益を積み重ねている個人投資家が
存在することも確かです。

FXで利益を上げる人/損をする人の違いはどこにあるのでしょうか?

口座開設はこちら

FXに疲れた人が読むリハビリブック

FXの失敗パターンはそんなに多くない。

FXを始めたものの上手くいかない、思ったほど利益を上げることができない、
それどころか損ばかり、FXにはもう疲れてしまった――。

しかし、FXで着実に利益を積み重ねている個人投資家が存在することも確かです。

FXで利益を上げる人/損をする人の違いはどこにあるのでしょうか?

口座開設はこちら

FXリハビリブックの主な内容

あなたのFXを失敗させた「7つの病」

ありがちな失敗例を知ることで自分の失敗を予防する。

「熱中症」「欲中毒」、あるいは「メンタル複雑骨折」など、リハビリブックではFX投資家が陥ってしまいがちな7つの症状を「病(やまい)」に例えてご紹介します。

もしかすると、あなた自身が気付いていないFXの病を発見できるかも…!!

これまでのFX経験を重ねながら読み進めていくことで、将来の失敗を予防する。
そんなサンプルケースをぎゅっと凝縮しました。

7つの病への特効薬

失敗しないためには、具体的にどうすればいいのか。
対処法や心構えを学ぶ。

もし、FXの病が見つかってしまったら…!?

そんなときは、まず「これからどうすればいいのか」を考えて、そして「失敗を将来にどう活かすのか」が大切です。

リハビリブックでは7つの病に対する具体的な対処法心構えを「特効薬」として解説、FX初級者が失敗から脱却するためのヒントをお伝えします。

FX取引向上委員会について

FX取引向上委員会は、マネーライターやマネー誌編集者が中心となって、FXのより良い活用法と取引方法、リスクヘッジの方法を研究する団体です。
FX=ハイリスクという風潮の虚実を明確にし、FXの魅力とそのリスクをあくまで中立的な視点で、メディアやFX会社のコミュニケーションツールを通して広めていくことを目的としています。

疲れないFX(!?)を提唱。
忙しい人に選ばれるFX会社がある。

忙しい人に選ばれるFX会社。

株式会社マネースクウェア・ジャパン

会社名:
マネースクウェア・ジャパン
(略称:M2J)
設立:
2002年10月
口座数:
約12万口座
資本金:
17億円
所在地:
東京都港区

※2017年5月現在

M2Jが選ばれる理由 その1

時間をかけず、
リスクを限定して、
自動的に利益確定をくり返す。

自動利益確定ツール トラップリピートイフダン

トラップリピートイフダン、略して「トラリピ」。

合理的な投資行動に悪影響を及ぼす欲や恐怖などの投資家心理(感情)を発注の仕組みで抑制します。

FXで一番疲れるのは、相場が「上がるか」「下がるか」予想すること。どんなに一生懸命予想しても当たらないことだってあります。

トラリピを使えば、相場を予想する頻度を圧倒的に少なくでき、一度発注すればあなたの代わりにシステムが24時間値動きを見張ってくれます。

だから、お仕事や趣味の時間、睡眠時間など、普段の暮らしをジャマしない資産運用の実現につながるのです。

トラリピの活用方法はリハビリブックでも詳しく解説しています。

M2Jが選ばれる理由 その2

“誰でもファンドマネージャー”を標榜し、「負けない投資家」を育成する。

独自の投資教育プログラム M2Jアカデミア

M2Jアカデミアは“誰でもファンドマネージャー”を標榜し、投資家の皆さまに独自の投資教育プランをご提供すべく2011年7月に開校しました。

カリキュラムでは「予測編」「ポジショニング編」「リスクマネジメント編」の3部構成とし、それぞれの分野において必要最低限の知識・技術を身に付けていただくことで「負けない投資家を目指す」ユニークなFX教育プログラムです。

この教育プログラムで得るものは知識ではなく「知恵」。知恵とはすなわち、筋道を立て、自ら計画し、正しく処理していく能力のことです。当校では知恵を身に付け、その結果として「運用力」を向上させることを目指しています。

※M2Jアカデミアのカリキュラムを受講するには原則としてM2JFXの口座開設が必要です。

本当に忙しい人に選ばれているの?

マネースクウェア・ジャパンは「お金はあるけど時間がない」方に選ばれていることが、第三者の調査機関によって証明されています。

「お金はあるけど時間がない」人たちに支持されるマネースクウェア・ジャパン

「お金はあるけど時間がない」という方々に支持されるFX会社、マネースクウェア・ジャパン。

第三者調査機関による調査委託先:マクロミル

※1 最も証拠金を預け入れている先として、その業者を利用されているFXユーザー
※2 各社のメインユーザーに占める保有金融資産500万円以上の比率
※3 各社のメインユーザーに占める”資産運用に時間を割けない・割きたくない”という価値観に”当てはまる”という方の比率

TOPIC

2017年10月、マネースクウェア・ジャパンはおかげさまで「創設15周年」を迎えます。

取引における条件面だけでなく「投資家にとって本当に必要なサービスとは何か」を念頭に、これからも企業努力を続けていくことをお約束いたします。

これからも変わらぬご支援、ご愛顧をよろしくお願いいたします。

FXに疲れた人へ。
スペシャリストからのメッセージ。

M2Jアカデミア 学長 吉田 恒

M2Jアカデミア 学長
吉田 恒

失敗は、成功の糧。

「FXに疲れた人」にこそ、M2Jアカデミアに
参加していただきたいと思っています。

「定年後の余生が長い時代」。そんな時代を生き抜くために、安定的に資産を増やす運用の責任は益々重大になっていくでしょう。

だからこそ、M2Jでは「資産運用を通してNIPPONを裕福にする」というビジョンを掲げ、その中で、私たち「資産運用の学校」M2Jアカデミアでは、安定的に資産を増やすといった「結果にこだわる投資教育」を達成するべく取り組んでいます。

FXという運用商品には「比較的値動きが穏やか」「価格決定プロセスが公平」といった具合に、実は安定的に資産を増やせる要素があります。つまり「FXは資産運用に適性がある」と私たちは考えています。
なのに「損ばかりが続いてしまう」「思うように利益を出せない」というのには、そうなってしまう原因が必ずあるはずです。

まずはこの「FXリハビリブック」で原因の究明からはじめましょう。
失敗を失敗のまま終わらせない。「負けない投資家」への道を、M2Jアカデミアをはじめ、私たちマネースクウェア・ジャパンがお手伝いします。

「FXに疲れた」皆さま。もう一度、「FXで資産を安定的に増やす方法」を一緒に考えていきませんか。

ページトップへ戻る