週初の約定ルール

いわゆる「窓開け」時の週初の約定ルールをご案内します。

週初の約定ルール

「窓開け」とは、前週のニューヨーク・クローズ時のレートから乖離した状態で週初の取引がはじまることを指します。その乖離した価格差の間に指値または逆指値(応用注文含む)が存在している場合、週初の約定ルールが適用されます。

週初の約定ルール適用例

1.前週のニューヨーク・クローズ時のレートが100.45-50円で、週初のオープンレートが下に乖離した97.45-50円の場合

買いの指値 99.50円でご注文いただいているときは、買いの97.50円で約定。
売りの逆指値 99.50円でご注文いただいているときは、売りの97.45円で約定。

※手数料は含まれていません。
※上記例では売りの指値・買いの逆指値は約定いたしません。

2.前週のニューヨーク・クローズ時のレートが97.45-50円で、週初のオープンレートが上に乖離した100.45-50円の場合

売りの指値 98.45円でご注文いただいているときは、売りの100.45円で約定。
買いの逆指値 98.45円でご注文いただいているときは、買いの100.50円で約定。

※手数料は含まれていません。
※上記例では買いの指値・売りの逆指値は約定いたしません。

以上のように、指値注文の約定においてはお客様の有利になりますが、逆指値の場合、成立価格がお客様の意図したレベルと乖離する恐れがございます。週末に大きな為替相場の変動が予想される場合は、ご自身の口座状況の管理により一層留意いただきますよう、お願い申し上げます。

ご注意ください

各種注文につきましては、週初の約定ルール適用に伴い、当初設定しました注文価格と異なる場合があり、また、リピート機能が付いた注文につきましては、決済後の新規注文は当初設定の注文価格となりますことにご留意ください。

ストップロス注文を設定している場合、当社の定める週初のオープンレートがストップロス決済注文が成立する価格以上に乖離した場合、リピート注文は自動取消後、再設定されません。

FX(外国為替証拠金取引)では取引総代金に比較して少額の資金でお取引を行うため、多額の利益となることもありますが、通貨価格の変動や金利動向の変化により預託した資金以上の損失が生じる可能性があります。今一度ご自身の口座状況をご確認いただき、リスク管理にご留意いただきますよう、お願い申し上げます。

「週初・メンテナンス明けの約定ルール」関連ページ

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。
ページトップへ