法人のお客様にかかる証拠金率について

M2JFXにおける法人のお客様にかかる証拠金率に関するご案内です。
通貨ペア別の証拠金率一覧や、証拠金必要額の計算方法などがご確認いただけます。

通貨ペア別 証拠金率一覧

適用期間 2018/12/15〜2018/12/21 2018/12/22〜2018/12/28
米ドル/円(USD/JPY) 1.34% 1.32%
ユーロ/円(EUR/JPY) 1.35% 1.34%
ユーロ/米ドル(EUR/USD) 1.16% 1.16%
豪ドル/円(AUD/JPY) 1.52% 1.51%
豪ドル/米ドル(AUD/USD) 1.24% 1.24%
NZドル/円(NZD/JPY) 1.44% 1.43%
NZドル/米ドル(NZD/USD) 1.34% 1.34%
カナダドル/円(CAD/JPY) 1.54% 1.52%
英ポンド/円(GBP/JPY) 1.92% 1.90%
トルコリラ/円(TRY/JPY) 5.28% 5.25%
南アフリカランド/円(ZAR/JPY) 2.98% 3.01%

過去の適用証拠金率はこちら(CSV) 新しいウィンドウで開きます

証拠金率の適用ルール

法人のお客さまにかかる証拠金率は毎週金曜日に見直しを行い算出、翌日の土曜日に上記『通貨ペア別 証拠金率一覧』にて公表の上、その翌週の土曜日より適用されます。

なお、変更後の証拠金率は、新規ポジションに適用されるだけでなく、変更前から保有しているポジションにも適用されます。

また、証拠金率の公表は当ページへの掲載のほか、メールでの配信でも行っていますのでマイページより配信設定をご確認ください。

【ご注意】
証拠金率の変更により、ポジションにかかる証拠金必要額が変動することで、維持率が低下しロスカットとなる可能性があります。
日頃より十分な余裕を持った運用にご留意ください。

証拠金率の計算方法

証拠金率の計算方法は、平成28年6月14日金融庁告示第25号において、定量的計算モデルを用いる方法で算出することとされています。

当社の提示する証拠金率におきましては、金融先物取引業協会が上記計算モデルに基づき算出し公表している証拠金率を適用いたします。

金融先物取引業協会による公表はこちらからご確認ください。
http://www.ffaj.or.jp/regulation/03_2.html

証拠金必要額の計算方法

M2JFXにてお取引いただく際に預託いただく証拠金必要額は『取引総代金』へ『期間内に適用される証拠金率』をかけることで算出されます。

計算式

取引総代金の算出方法

取引総代金 イコール 注文レート かける 取引通貨量

証拠金必要額の算出方法

証拠金必要額 イコール 取引総代金 かける 適用証拠金率

※1円未満の証拠金必要額は切り上げ。

計算例

米ドル/円が110円の時に1万通貨のお取引、適用証拠金率が3.15%の場合

取引総代金 = 110(円) × 1万(ドル) = 110万(円)
証拠金必要額 = 110万(円) × 3.15(%) = 3万4650(円)

証拠金必要額は34,650円となります。

当社の信託保全の仕組みについて

外為証拠金取引は金融商品取引法の規制下にある店頭デリバティブ取引です。
そのため、法第43条の3により、お客様からお預りする取引証拠金については、明確に区分保管する義務があります。

当社のトラスト アカウント プロテクション®(Trust Account Protection)は、お客様からお預りした取引証拠金のみならず、お客様の為替損益まで、当社の自己資産と明確に区分管理する信託保全スキームです。
詳細はこちら以下のページにてご確認ください。

『信託保全とカバー先』
https://www.m2j.co.jp/guide/m2jfx_tap.php

私たちは、あらゆる事業法人様の為替リスク管理をサポートします。

関連ページ

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。
ページトップへ