株価指数売買戦略レポート

二人のストラテジストが相場状況に応じて、適宜更新

2017/11/07 15:39人に先んじて相場のトレンドに乗る!

【マーケットサマリ】

前回の当欄でDAX®でWループの形状が確認できるとお伝えしていました。通貨安も相まってその動きが続いているDAX®ですが、もう一つ大相場になりそうな兆候も出始めていることにお気づきでしょうか?これも当欄で以前からお話させていただいた52日ボリンジャーバンドのチャートにその兆候が見え始めているのです。まずは下記チャートをご覧ください。52日ボリンジャーバンドの+2σに沿った動きになっていることが確認できます。一時的にその+2σの外に飛び出す場面も見られています。

<資料>DAX®(日足)52日ボリンジャーバンドの推移

簡単に52日ボリンジャーバンドの使い方を復習してみましょう。ボリンジャーバンドの±2σの外に飛び出すということは、その確率は4%程度。つまり、早々あることではないということを意味します。ましてや、移動平均のパラメータを52に設定していることから、いつもご覧いただいている21よりもその現象が起こる確率はかなり低いということになり

ます。それ故、その後大相場になる可能性が高いことから、2~3営業日終値ベースで±2σの外に飛び出していることを確認したら、相場のトレンドについていくとその大相場に乗り遅れないということになるわけです。

上記チャートからまだ+2σを終値で越えた足は「0」(11/1~2で飛び出たのですが、その後内側に潜り込んでしまいました)となるわけですが、今後、その動きが2~3営業日続くのであれば、そのトレンドに乗る価値はあるのではないでしょうか。意外にDAX®は個人投資家の皆さんから注目されない株価指数となっています。こまめにチャートを確認すると、思わぬ景色が見えてくることがあります。

人に先んじてトレンドにのる、これこそ相場の醍醐味ではないでしょうか。もちろん、「相場に絶対はありません」が。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「株価指数売買戦略レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ