株価指数売買戦略レポート

二人のストラテジストが相場状況に応じて、適宜更新

2017/10/18 10:01NYダウは2段ロケットならぬ3段ロケット!?

【マーケットサマリ】

NYダウの上昇は留まるところをしらない状況となっています。前回お伝えをした52日ボリンジャーバンドの動きを見ても、引き続き、+2σのバンドウォーク状態となっており、かなり強い買いトレンドとなっています。

<資料1>NYダウ52日ボリンジャーバンド

そしてもう一つさらなる上昇の兆候が表れています。下段に表示している標準偏差ボラティリティの形状にお気づきでしょうか。これまでWループについて触れてきましたが、その標準偏差ボラティリティがピークアウトした途端、さらに上昇しているではありませんか(トリプルループの形状。下記チャートの赤丸部分)。

<資料2>NYダウ21日ボリンジャーバンド

立て続けに強い買いトレンドが発生しているだけに、ここはやはり、ストップ注文を入れて相場の流れに乗るしかないということになりそうです。

そして、次に紹介するのが、日経225。あまりきれいな形状とは言い難いですが、こちらにもWループの兆候が見え始めています。念のため、52日ボリンジャーバンドを確認してみると、やはりこちらも+2σのバンドウォーク形状が確認できます。しかも終値で+2σを上回っている営業日が、NYダウよりも浅い状況となっていますので、もう一段上昇する可能性が高いと言えそうです。こちらについても、ストップ注文を入れてトレンドに乗ることを検討されてみてはいかがでしょうか。すでに買いポジションをお持ちの方は、トレール注文で流れに乗ることも一考です。

<資料3>日経225 52日ボリンジャーバンド

M2Jシニアストラテジスト 比嘉 洋
 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「株価指数売買戦略レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ