株価指数デイリー・レポート

株価指数の市況や分析・展望を配信。

2018/01/22 15:23米シャットダウンのゆくえに注目。独連立政権交渉は一歩前進

(レビュー)

22日の日経平均は、前日終値比+8.27円の23816.33円で取引を終えました。今週から2月半ばにかけて本格化する日本の企業決算を控えていることや、米つなぎ予算のゆくえに対する警戒感から様子見の展開となりました。

(今後の見通し)

米上院は19日、つなぎ予算を可決できず、米連邦予算は20日0時すぎに失効。政府機関の一部が閉鎖されました。上院は20-21日も審議を継続しましたが、採決には至らず政府機関の一部閉鎖は3日目に入ります。上院は22日午前まで散会しますが、マコネル院内総務は22日正午(日本時間23日午前2時)に予算の採決に必要な動議の投票を実施すると表明しました。ただ、移民政策を巡る共和党と民主党の溝は深く、先行きは不透明です。

19日の米国市場では、シャットダウンへの懸念を背景に米国債や米ドルは上値の重い展開となりました(国債利回りは上昇)。一方で、NYダウは反発。S&P500とNASDAQは最高値を更新するなど、株式市場は堅調でした。短期間のシャットダウンであれば、金融市場への影響は限定的との見方がありますが、シャットダウンの期間が長期化すれば、経済への悪影響が懸念されます。その場合、底堅く推移している米株にも下押し圧力が加わるかもしれません。

ドイツのSPD(社会民主党)は21日の党大会で、メルケル首相率いるCDU・CSU(キリスト教民主・社会同盟)との連立政権の協議入りを正式決定しました。両党は週明けにも協議を始める方針です。戦後最長の政治空白が続く独政治が前進した点は、独DAX®にとってプラスとなりそうです。

一方で、反対票が目立つ点は今後の懸念材料となるかもしれません。SPDの決定は賛成362対反対279でした。事前協議でまとめた政策合意にSDPが提案する医療改革案は盛り込まれませんでした。難民問題も、受け入れに厳しいCDU・CSU寄りの決着となりました。SDPのシュルツ党首は党大会で、これらの問題について、SPDの政策がより反映されるように交渉することを約束しました。ただ、CDU・CSUは決着した問題を再協議することには否定的で、交渉を難しくする材料になる可能性はあります。

SPDは今後、連立協議で合意した後、党員投票を実施して政権入りの是非を最終判断するようです。すべての手続きを終えて政権が発足するのは3月以降との見方が多く、引き続き独連立政権交渉のゆくえを見守る必要があります。

(アナリスト 根岸慎太郎)

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

※当レポートは現物株を対象としています。

バックナンバー

  • 2018/08/15 16:02市場の関心は米経済指標へ!? NYダウの上値メドは?(本日のレビュー)15日の日経平均は反落。終値は前日比151.86円安(-0.68%)の22,204.22円でした。中国株や上海株の下落のほか、日本のゲーム関連…
  • 2018/08/14 15:25日経平均は引き続き、レンジ内で上下動(本日のレビュー)14日の日経平均は大幅に反発。終値は前日(13日)比498.65円高(+2.28%)の22,356.08円でした。トルコリラの下落が一服したこ…
  • 2018/08/13 16:47金融市場の関心はトルコリラの動向へ!?(本日のレビュー)13日の日経平均は大幅安。前営業日(10日)終値比440.65円安の21,857.43円で取引を終えました。トルコリラをめぐる懸念から10日の…
  • 2018/08/10 16:34日経平均の上昇余地は!?【相場材料】企業収益とバリュエーション【ポイント1】日経平均の予想EPSは、他の主要国株価指数のそれと比較しても底堅い【ポイント2】予想PERによれば、バリュエ…
  • 2018/08/09 15:27米英政治の不透明感は株価の重石となる可能性も(本日のレビュー)9日の日経平均は前日比-45.92円と続落し、22598.39円で取引を終えました。米ドル/円が一時110.70円まで下落したことが日経平均の…

「株価指数デイリー・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ