サラリーマンK太が行く日経225証拠金取引チャレンジ日記

投資経験のない50代サラリーマン"K太"が日経225証拠金取引に挑戦!

2017/09/21 09:27失敗から学ぶ・・・指値注文の注意点【第76回】

よろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願いします。今週のマーケットは週初に北朝鮮問題のリスクが緩和したという観測の下、株高、円安に動きました。
はい、NYダウは最高値を更新し、為替もドル円は110円台を回復してきましたよね・・・でも、僕はちょっと元気ありません。
あれ、どうしたのですか?
実は今週、2度目のトレードを行なったのですが、トレードした後に自分の予想とは逆に下落が続いているのです。
下落が続いているのですか・・・先ほども言いましたように、今週は比較的堅調でしたよね・・・もしかして購入したのはFT100ですか?
はい、そうです。わかりますよね。
そりゃ、マーケットの動きを見ればわかりますよ。FT100以外は今週末にかけて上昇しています。つまり、FT100だけが週末にかけて下落していましたからね。
そうなんですよ。FT100だけ下落が続いているのです。これは何が原因なのでしょうか。
先ほども言いましたように週初こそ北朝鮮がミサイルを発射しなかったこと、国連の安全保障理事会(以下、安保理)での制裁決議が満場一致で可決されたことなどを受けて、リスクが緩和されたという空気がマーケットに流れました。
それが前半の株価上昇などにつながったのですよね。
はい、その通りです。しかし、安保理の決議を受けた後の週末に北朝鮮が再びミサイルを発射しました。朝方でしたけれども、これにはマーケットは反応しました。更に、ロンドンでは地下鉄で爆発事件が起こり、テロではないかと捜査が続いています。これらの要因によって、FT100の下落が加速した形になっています。
やっぱり、そうですか、ロンドンの地下鉄爆破事件も影響していますよね。
ところでK太さん、なぜFT100を購入しようと考えたのですか?
はい、いくつか理由はあります。まず、移動平均線に注目をしました。前回のトレードが短期でしたので、今回はすこし時間をかけようと思い、20日の移動平均線を使いました。
移動平均線の期間を長くすれば、それだけトレンドがゆっくりとなりますからね。
20日の移動平均線が右肩上がりになっていれば、中期的に上昇トレンドを示していると判断していたのですが、FT100以外は早くに右肩上がりになって上昇していました。ところが、週初にFT100が20日移動平均線を終値が上回るとともに移動平均線が右肩下がりから右肩上がりに転換したのです。
つまり、上昇トレンドに転換したと判断したのですね。
はい、そうです。
K太さんは移動平均線についてはしっかりポイントを抑えて分析しましたね。
あと、前回教わりましたフィボナッチも安値から0.618の水準を超えてきたので、いよいよ上昇に勢いがつくのではと考えました。そして、中期的に投資をするのであれば、配当相当額を得られる機会が多いFT100は魅力的だと考えたのです。
なるほど、K太さんもしっかりと値動きの分析をし、判断したのですね。
はい。9月12日の夕方に会社を出た時に注文を出そうとしたのですが、値動きを見ていたら値段が下がってきている最中だったので、もう少し下がったところの値段で買いたいな、と考えました。
しばらく注文するのを待っていたのですか?
いえ、実はその後に飲み会がありましたので、飲み会に行く前に指値の注文を出そうと思ったのです。
おっと、少しずついろいろなことを試していますね。いいですね。
注文を出そうとした時は7400台前半で推移をしていたのですが、直近の安値が7397でしたので、この安値よりも2低い7395で注文を出しました。
なるほど、そのような指値をしたのですね。それからどうなりましたか?
注文を出す際に『当日、今週末そしてGTC』という選択肢があったのですが、このGTCの意味が分からなくて調べたら、『自分がキャンセルするまで有効』ということでしたので、このGTCで注文を出して、飲み会に行きました。
GTCは『Good Till Cancelled Order』の略なのですよ。

挿絵1

はい、私もそこは勉強になりました。そして、家に帰って眠い目をこすって見ると、注文は成立していなかったのですが、なんと直近の安値とまったく同じ7397を再び付けて戻していたので、少し損をした気分で寝てしまいました。
K太さん、僕らプロが行う指値注文というのは、もちろん『この値段でトレードしたい』という気持ちで注文を出すのですが、高値や安値を意識した指値注文というのには出し方があります。そうした価格を意識した注文に、高い値段、安い値段で成立させたいという気持ちがあるのには違いがありません。ただし、その高値よりも高い値段の売り注文や安値よりも安い買い注文が成立する場合、つまり高値を超えたり、安値を割り込んできた場合というのは、その方向に動きが加速する可能性があります。
勢いが付く、というイメージですか?
はい、その通りです。ですので、高値や安値を超える注文はもっと高値や安値から離して出した方がいいと思います。逆に、売りたい時には高値より少し低い値段、買いたい時には安値よりも少し高い値段に指値をすることが多いのです。
なるほど、もう一度高値や安値の値段近くまで動きた時に注文が成立する確率が高くなるのですね。

挿絵1

その通りです。
注文の出し方も勉強になります。でも、私の注文は翌日、取引がスタートした際に下落から始まったので、指値よりも安く7391で買えました。でも、その後は先ほどお話しした通りです。
よくわかりました。K太さんも少しずつ実践を通じて慣れてきていますが、今週は北朝鮮情勢はもちろんですが、安値水準などの水準にも気を付けながらトレードしてみてください。
はい、わかりました。

挿絵1

筆者プロフィール

プロフィール写真
川口 一晃 1960年北海道生まれ
1986年に銀行系証券会社(現・三菱UFJ証券)入社、その後、銀行系投資顧問会社(現・三菱UFJ投信)、国内投信会社(三洋投信)にて11年間ファンドマネージャーを務める。1996年にブルームバーグL.P、2000年外資系証券会社を経て、2004年にオフィスKAZ代表取締役に就任。
高知大学非常勤講師、日本FP協会社会教育委員会委員などを歴任。 テレビ・ラジオなどメディアでも活躍。投資教育の分野でも活躍。2009年投資教育を主体の劇団「コレモナニカノ円」を主宰。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/12/13 10:57社会科見学【第138回】今日はちょっとしたご報告をさせていただきます。K太さん、何でしょう?実は先日、平日に会社を休んだ時に、日銀の見学に行ってきました。それは良いですね。でも、日銀の…
  • 2018/12/06 09:23正念場の日米株価【第137回】世界中が注目した米中首脳会議も最悪な結果とはならず、なんとか持ちこたえたという感じですか?そうですね。2019年1月からの追加関税は中止にはなりました。ただ、あ…
  • 2018/11/29 09:16変化率【第136回】K太さん、金融の世界ではよく『リスク』という言葉が出てきますが、この言葉の意味はご存知ですか?任せてください。よく『株式投資にはリスクがある』とか、新聞でも『リ…
  • 2018/11/22 17:09パラボリック【第135回】今日もよろしくお願いします。今日は教えていただきたいテクニカル分析があるのですが。こちらこそ、よろしくお願いします。どんなテクニカル分析ですか?実はマネースクエ…
  • 2018/11/15 08:55急落のNYダウを読む【第134回】いやぁ、ビックリしました。10月の初めから続いたNYダウの下落も落ち着いて、むしろ高値を目指して上昇していると思っていた矢先に大きく下落しましたね。そうですね。…

「サラリーマンK太が行く日経225証拠金取引チャレンジ日記」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ