サラリーマンK太が行く日経225証拠金取引チャレンジ日記

投資経験のない50代サラリーマン"K太"が日経225証拠金取引に挑戦!

2017/03/16 19:37ベータ値の算出方法と活用法とは?【第49回】

今週もよろしくお願いします。
はい、お願いします。ところで2月末からのマーケットの勢いが続いたのであれば、日経平均株価も3月早々に2万円台に乗せてくると思ったのですが、なかなか2万円の手前で足踏み状態が続いていますね。
そうですね。今年の高値を更新してきた時に期待も高まったのですが、上値は重たいですね。
一つには今週注目すべきイベントが2つあることから、様子見状態が続いていると考えることができます。
2つのイベントですか。たしか・・・ヨーロッパの選挙がありましたよね。
こんな大事な週にあやふやではいけませんね。一つはFOMCです。
あっ、そうでしたね。
前回の時にもお話したように、今の日本の株式市場は米ドル/円の動きに影響を受けています。ということは・・・
アメリカで利上げが行われたら、ドルが買われ円が売られ、円安になる可能性があります。そうなると、日本の株式市場も上昇する可能性があるということですね。
その通りです。もちろん、金利が上昇する時のアメリカの株式市場の反応にも気を付けないといけませんが、大きな下落にならなければ、日本の株式市場は為替の方に反応すると考えられます。
そして、もう一つがヨーロッパでの選挙ですよね。
はい、オランダの選挙です。これから、フランスそしてドイツと秋まで選挙が続きます。EUにとっては冷や冷やの選挙の始まりです。
自分がここまでヨーロッパの選挙などを気にすることになるとは、投資の勉強をする前には思ってもみなかったです。
お金のことを知るのは社会を知ることですからね。ところで、前回はベータ値を勉強しました。
あっ、はい。日経平均株価などに対してどれくらい連動するかの感応度を表す数値でしたよね。
その通りです。日経平均株価と同じように動く場合のベータ値はいくつだったのかも覚えていますか?
はい、ベータ値1でしたよね。
そうです。そして、K太さんから「ベータ値はどうやって求めるのですか」という質問をいただきました。
ベータ値の話をされても、自分が持っている銘柄のベータ値や先週話をしてくれた「K太ファンド」のベータ値がわからなければ使いづらいですよね。
おっしゃる通りです。個別銘柄のベータ値については、金融界で使われている情報端末、たとえばロイターなどのサイトに掲載されています。
ということは、そうした通信社のサイトで自分の持っている銘柄を調べると、ベータ値を知ることができるのですね。
はい、その通りです。ただし、「ベータ値」ではなく「β値」と書いてある可能性もありますので、その表記には気を付けてください。また、計算式も難しくはないので、エクセルを使って自分で計算することもできますよ。

個別銘柄のベータ値を調べる

エクセルに慣れている人であればいいですね。でも、個別の銘柄のベータ値が分かっても複数の銘柄を保有した場合、たとえば5銘柄保有している全体のベータ値となると難しいですよね。
簡単な計算ではありますが、ご自身で計算をすることになります。でも、大切な自分の資産ですので、そこは頑張ってもらいたいと思います。
は、はい。数学は苦手ですが、簡単な式であれば頑張ります。
まず、K太さんは3銘柄持っているとしましょう。A銘柄のベータ値は1.2、B銘柄は2.1、そしてC銘柄は0.6とします。それぞれ100万円ずつ保有しているとすれば、3銘柄のベータ値を合計して3で割れば算出されます。
ということは・・・1.2と2.1と0.6の合計が3.9だから・・・それを3で割ると、1.3になりますね。
そうです。K太ファンドのベータ値は1.3となり、日経平均株価が10%上昇すると?
はい、1.3倍の13%上昇の可能性があるのですね。
その通りです。この場合、もし、マーケットの下落が予想されCFDを売ってヘッジをするのであれば、390万円分の日経225を売ればよいことになります。
これはわかりやすいです。
でも、実際には100万円ずつ保有しているということはないですよね?
その金額もバラバラですね。
では、さきほどの3銘柄を使って説明しましょう。
お願いします。こちらの方が実践的ですよね。
3銘柄の保有額が合計300万円としましょう。A銘柄は90万円、B銘柄60万円そしてC銘柄150万円とします。
あっ、これはなんとなくわかりましたよ!A銘柄は300万円のうち30%、B銘柄は20%そしてC銘柄は50%を占めているので、この比率を使えばいいのですね。
その通りです。A銘柄のベータ値1.2の30%の0.36、B銘柄のベータ値2.1の20%の0.42そしてC銘柄のベータ値0.6の50%の0.3を合計します。そうすると1.08になります。
組み入れ比率が変わるとベータ値も変わりますね。そして、このベータ値だと日経平均株価の動きとほぼ同じになることが予想されるのですね。
そうなりますね。つまり、構成比率によって加重平均をすればいいのです。そして、ヘッジを行うのであれば300万円の1.08倍の324万円分の日経225を売りから入ればヘッジをしたことになります。

ベータ値を使ってCFDを有効活用する

これなら、僕でも計算できます。
でしょ!このように、株式を保有している人も自分の持っている銘柄のベータ値を知ることでマーケットの様々な場面でCFDを有効に活用することができ、運用成果につなげることができるのです。
新しいCFDの活用方法がわかり、参考になりました。ありがとうございます。

ベータ値を学ぶことで、CFDの新しい活用法を知れて勉強になりました!

筆者プロフィール

プロフィール写真
川口 一晃 1960年北海道生まれ
1986年に銀行系証券会社(現・三菱UFJ証券)入社、その後、銀行系投資顧問会社(現・三菱UFJ投信)、国内投信会社(三洋投信)にて11年間ファンドマネージャーを務める。1996年にブルームバーグL.P、2000年外資系証券会社を経て、2004年にオフィスKAZ代表取締役に就任。
高知大学非常勤講師、日本FP協会社会教育委員会委員などを歴任。 テレビ・ラジオなどメディアでも活躍。投資教育の分野でも活躍。2009年投資教育を主体の劇団「コレモナニカノ円」を主宰。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/07/19 08:52各国の株価【第117回】今週もよろしくお願いします。こちらこそ、よろしくお願いします。前回、日経225のダブルトップの話をしていただきましたが、日経225はネックラインを超えて戻ってき…
  • 2018/07/11 09:52米中貿易摩擦【第116回】今日もよろしくお願いします。ところで、少し前に話題になっていたダブルトップが完成しましたよね(第113回)。そうなのです。7月に入ってからの下落により、5月の安…
  • 2018/07/05 09:11アノマリー(曜日効果)【第115回】関東地方は6月に梅雨が明けましたね。観測史上は初だそうですよ。珍しくマーケットに関係ない話から始まりましたね。今日もよろしくお願いします。冬が寒かったので、今年…
  • 2018/06/28 09:50変化の兆し【第114回】今日もよろしくお願いします。前回は、日経225が『ダブルトップ』を形成しているという話を中心に教えていただきました。実際には指摘した通り、上昇する場面もあったも…
  • 2018/06/21 17:14ダブルトップ形成【第113回】K太さん、今日は少し実践的な話をしましょう。実践的な話・・・興味が湧きますね。よろしくお願いします。では早速ですが、最近の日経225の日足のチャートを見て、どの…

「サラリーマンK太が行く日経225証拠金取引チャレンジ日記」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ