週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2016/08/08 15:41大物は警戒、相場は高値更新


「最高値更新」

夏休み入りした投資家が多く、低調な売買高が続くニューヨーク株式市場。ダウは先週、週間ベースで0.6%上昇し1万8543で取引を終えました。S&P500は0.4%高の2182と、過去最高値を更新。ナスダックは1.1%高、こちらも高値を更新しました。

注目を集めたアメリカの7月の雇用統計は、農業部門を除いた就業者数が25万5000人増えました。ブルームバーグが調査した89人のエコノミストの誰もが予想しなかった大きさ。

1.2%増と予想を大幅に下回った第2四半期のGDPの発表後に広がったアメリカ経済への懸念を吹き飛ばす強さが雇用統計にはありました。

企業決算の8割以上が予想を上回ったことも投資家心理を改善させました。これまでの株式相場は、公共株や通信株が相場全体の上昇をけん引しました。高配当銘柄や景気に左右されないディフェンシブ銘柄も買われました。先週の相場上昇を引っ張ったのはテクノロジー株とヘルスケア株でした。買いが幅広い業種に広がっています。

「来週の注目は小売」

来週も薄商いが続くとみられます。注目は小売り各社の決算。11日にメイシーズ、ノードストローム、コールズなど大手デパートが決算発表を予定しています。JCペニーの決算は翌日。12日にはアメリカ商務省が7月の小売売上高を発表します。個人消費はアメリカのGDPの約3分の2を占めるだけに、市場全体に影響する可能性があります。

今週はまた、中国の経済指標の発表が集中します。欧米の株式相場の材料になりそうです。

「大物投資家は悲観」

Barron’s最新号の巻頭記事は、「いかに5%の利回りを確保するか」とする債券投資に焦点を当てたものでした。歴史的な低金利の中、米10年債の利回りは1.59%程度。社債発行ブームになっていますが、優良企業の社債利回りは5%を大幅に下回っています。低リスクの債券と高リスク債券のポートフォリオをいかに構成するかが重要だとする専門家の意見をラウンドテーブル形式で伝えました。

「債券王」と呼ばれるビル・グロス氏が先週、「債券も嫌いだが、株式も嫌いだ」と発言、話題を集めました。ジャナス・ファンドを率いるグロス氏は、中央銀行の政策が市場を歪めていて、債券投資と株式投資は好ましくない、金や金鉱株に投資するしかないと主張。

Barron’sは、グロス氏だけではなく、著名な投資家のジェフリー・ガンドラック氏も「株式をすべて売却したほうがいい」と主張していると伝えました。さらに、スタンレー・ドラッケンミラー氏、ジョージ・ソロス氏、そしてカール・アイカーン氏といったビリオネア投資家も株高に警鐘を鳴らしているとしています。

ビリオネアの懸念にもかかわらず、S&P500とナスダックは先週、最高値を更新。ダウも高値に近づいています。恐怖指数であるVIXは過去1年で最も低い水準で推移しています。

背景には、世界の中央銀行による流動性の拡大があるとBarron’sが解説しました。先週は、イングランド銀行が利下げと同時に量的緩和の拡大を決めました。少しでも高いリターンを求めて世界の資金が、アメリカの債券と株式に集まっているとしています。

ウォール街がいま注目しているのはワイオミング州ジャクソンホールで開かれるカンザスシティ連銀のイベントです。8月26日にイエレン議長が講演する予定。年次経済シンポジウムには、例年、世界の中央銀行のトップが参加します。去年の会合には、イングランド銀行のカーニー総裁、ECBのドラギ総裁、日銀の黒田総裁らが参加しました。今年のジャクソンホール会合が相場の方向を変える可能性があるとの指摘があります。

[August 08, 2016 NY 010] 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019/04/15 09:23最速の世界株高、いつまで続く「動意薄も高値に迫る」現代演劇に大きな影響を与えたベケットの戯曲『en attendant Godot(ゴドーを待ちながら)』。先週のニューヨーク株式マーケット…
  • 2019/04/08 09:52NYブル相場が継続、それとも終わるか「最高値に迫る」米3カ月物財務省証券(Tビル)の利回りが長期金利の指標である米10年物国債の利回りを上回る「逆イールド」現象が発生、アメリカ経済がリセッション(…
  • 2019/04/01 10:56悪材料でも株価堅調、この先は「S&P、1998年来の上昇率」2019年第1四半期(1-3月)が終わりました。ニューヨーク株式相場は年初こそ不安定でしたが、強いパフォーマンスを示しました。ダ…
  • 2019/03/25 09:27「逆イールド」で悪化した投資家心理「ムードが変わった」3月11日の週は、押し目買いが優勢で、投資家がアメリカ経済を楽観しているようにみえました。先週はその逆。アメリカ経済が減速するどころか、年内…
  • 2019/03/18 09:29復活した「押し目買い」「弱い指標を無視」ウォール街で先週「Buying the dip」が意識されました。日本語で「押し目買い」と訳されます。将来の値上がりを見込んで、何かの要因で下…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ