週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2018/05/14 09:38ウォール街の不安消えたか

「悪材料と相場」


ウォール街の懸念が薄れ、上昇基調に戻った。先週のニューヨーク株式相場はそんな雰囲気が漂う展開でした。


トランプ大統領は8日、イラン核合意から離脱、対イラン制裁を再開すると発表しました。中東情勢が不安定化する、原油価格が上がりインフレ率を押し上げる、FRBが利上げペースを早めるかもしれない。そんな懸念が広がり、ダウは一時値を下げました。その後買い戻され、その日のダウはほぼ横ばいで取引を終えました。


翌9日に発表された生産者物価指数は市場予想に届きませんでした。10日発表の消費者物価指数、変動が激しいエネルギーと食品を除いたコア指数はいずれも予想を下回りました。株価は上昇、ダウが続伸しました。


バロンズは、弱い物価指数を景気減速とは受けとめず、景気が過熱していない、FRBに対する利上げ圧力を和らげたとマーケットは解釈したと伝えました。


ダウは先週、568ポイント(2.34%)上昇しました。ナスダックは2.68%高。S&P500は2.41%上げて、1週間の取引を終えました。


S&P500は年初から200日移動平均を3度割りました。その都度、戻し、200日移動平均を上回った水準を維持しています。ウエルズ・ファーゴのストラテジストは、「下に行かないのであれば、上に行くしかないと考えるようになってきた」とバロンズにコメントしました。S&P500が節目の2800を超えて上昇するか。当面の注目点になっています。


「小売り関連とNAFTA」


今週のニューヨーク株式マーケットでは、小売り関連のニュースと北米自由貿易協定(NAFTA)見直し交渉の動きが材料になりそうです。


NAFTAをめぐっては、アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が先週1週間を通して、ワシントンで合意に向けた詰めの協議を続けました。協議は週末も続けられました。


連邦議会下院のライアン議長は先週、見直し内容の議会承認のために5月17日までに案が提出される必要があるとの認識を示しました。新たに設けられた期限を控え、3カ国は合意できるか。ウォール街が注視しています。


NAFTA協議に影響しそうなのが、トランプ大統領の11日の発言。自動車メーカーの幹部との会合で、輸入車に20%程度の関税を導入することを示唆しました。自動車問題はNAFTAの焦点の一つ。中国との通商交渉の動きも活発で、貿易問題が再び材料になりそうです。


経済指標では、15日に発表される4月の小売売上高が相場に影響する可能性があります。さらに今週は、ホームデポ、メイシーズ、ウォルマート、JCペニー、ノードストロームなど小売大手が四半期決算を発表します。


株価は原油価格の動向にも敏感になりそうです。トランプ大統領がイラン核合意からの離脱を表明したことで、原油価格が上昇基調にあります。上昇が続けば、FRBの利上げをめぐる見方が修正される可能性があります。原油高で物価上昇が加速するとの観測が広がれば、株価にネガティブに影響しそうです。株価は米国債利回りにも引き続き敏感に反応しそうです。


「自社株買い」


バロンズの最新号の表紙と巻頭記事では、自社株買いのブームが取り上げられました。


時価総額最大のアップルは1000億米ドル規模の自社株買いを発表、株価を上場来高値に押し上げました。決算が予想ほど悪くなかったこと、バフェット氏がアップル株を買っていることも株高要因ですが、大規模な自社株買いの影響も大きい。


企業が自社株を買い戻すと1株あたりの価値が上がるため、株価にはポジティブに影響するパターンが多いです。バロンズによると、S&P500を構成する企業が今年発表した自社株買いの合計は6500億米ドル。過去最大の2007年の5890億米ドルをすでに上回りました。トランプ大統領が主導した税制改革の影響で、自社株買いが活発化しました。自社株買いブームも株価を下支えする要因の1つになっています。


[May 14, 2018 NY 100] 
 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019/04/22 09:24退屈な相場展開と出口探る投資家「こう着相場」外国為替相場などと同様に、ニューヨーク株式マーケットでも「動かない」相場展開が続いています。バロンズは、あくびが出そうな「退屈な」状況だが、相場が…
  • 2019/04/15 09:23最速の世界株高、いつまで続く「動意薄も高値に迫る」現代演劇に大きな影響を与えたベケットの戯曲『en attendant Godot(ゴドーを待ちながら)』。先週のニューヨーク株式マーケット…
  • 2019/04/08 09:52NYブル相場が継続、それとも終わるか「最高値に迫る」米3カ月物財務省証券(Tビル)の利回りが長期金利の指標である米10年物国債の利回りを上回る「逆イールド」現象が発生、アメリカ経済がリセッション(…
  • 2019/04/01 10:56悪材料でも株価堅調、この先は「S&P、1998年来の上昇率」2019年第1四半期(1-3月)が終わりました。ニューヨーク株式相場は年初こそ不安定でしたが、強いパフォーマンスを示しました。ダ…
  • 2019/03/25 09:27「逆イールド」で悪化した投資家心理「ムードが変わった」3月11日の週は、押し目買いが優勢で、投資家がアメリカ経済を楽観しているようにみえました。先週はその逆。アメリカ経済が減速するどころか、年内…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ