週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2016/06/27 16:20「リスク高」の雲行き

「英より売られた米株、独株」

EU離脱を決めたイギリスの国民投票を受け、アメリカの株式相場が3%超下げました。ダウが610ポイント(3.4%)、S&P500は76ポイント(3.6%)下落しました。ナスダックは202ポイント安、下落率は4.12%に達し、チャート上で調整相場入りしました。

ニューヨークより先に取引を終えた海外の市場も大荒れでした。日経平均は7.92%安、フランクフルトのDAXは6.82%安、パリのCACは8.04%安、ミラノのMIBは12.48%安。

震源のイギリスのロンドン市場のFTSE100も当然下落しましたが、下落率は3.2%にとどまり、どの主要市場よりも小幅でした。FTSEは年初から1.7%低い水準にありますが、これも日経平均の22.2%安、DAXの11.0%安と比べ小幅です。Brexit(イギリスのEU離脱)をめぐる経済、企業業績への懸念が、イギリスより海外の方が大きいことを示唆しているのかもしれません。

S&P Globalによりますと、世界の株式市場の時価総額が24日に2兆ドル(約204兆円)減りました。リーマンショックがあった2008年9月に1日に1.9兆ドル減少したことがありましたが、それを超える過去最大の下落。Bloombergのデータでは、世界の富豪トップ400人の個人資産が合わせて1270億ドル(約12兆9540億円)が失われた計算になります。Brexitの衝撃の大きさを物語っています。

「荒れ相場続く見通し」

来週のアメリカの経済指標の発表は軽めです。貿易統計(27日)、消費者信頼感指数、Q1のGDP確定値、ケース・シラー住宅価格指数(28日)、PCEコアデフレーター(29日)、シカゴPMI(30日)、新車販売台数、ISM製造業景気指数(1日)が発表されます。

ただ、経済指標より、FRB幹部の発言が材料になりそうです。29日にポルトガルで開かれるECBフォーラムのパネル・ディスカッションに、ECBのドラギ総裁、イングランド銀行のカーニー総裁、そして、FRBのイエレン議長が参加します。投資家は中央銀行の対応を注視しています。さらに今週は、FRBのパウエル理事(28日)、セントルイス地区連銀のブラード総裁(30日)、クリーブランド地区連銀のメスター総裁がそれぞれ講演を予定しています。

BofAメリルリンチをはじめ大手投資銀行のエコノミストが、イギリスの国民投票後に、アメリカのGDP見通しを相次いで下方修正しました。FRBの利上げペースについては、従来の年内2回から1回もしくゼロに予想を修正しました。

チャールズ・シュワブのストラテジストは、いま起こっている衝撃は、中央銀行が解決できる問題ではない、複数の政治家が解決すべき問題だとCNBCにコメントしました。Brexitをめぐる欧米首脳の発言も相場に影響する可能性があります。

「欧州株に悲観論」

ウォール街関係者が週末に読むBarron’sの表紙は「BREXIT」でした。当然ですが。

巻頭記事の中で、Brexitをめぐる混乱は、イギリスが2年に渡りEU離脱手続きを進める中で落ち着くだろう、とするモルガン・スタンレーのアナリストのコメントを紹介しました。ただ、アナリストは、政治と経済の不透明な状況が長期間続くことになるとしています。

Barron’sによりますと、アメリカのS&P500を構成する企業の売上高の70%はアメリカ国内のもの。これに対し、FTSE100を構成するイギリス企業の国内の売上シェアは35.5%、DAXは27.6%と海外でのシェアが大きい。ちなみに日本は58%です。アメリカ企業が、海外より国内市場の重要度の大きさがわかります。

アメリカの株式相場がBrexitの衝撃から落ち着くまでにしばらくかかりそうだが、いずれ投資家が戻りアメリカのマーケットが堅調になりそうだとBarron’sが伝えました。

一方、Bloombergは、ヨーロッパ株は下落方向に傾いていると報じました。クレディ・スイスは、イギリスの株式相場が年末までに6.5%、ヨーロッパの相場が14%、アメリカは7.5%、それぞれ下がると予想したとしています。また、モルガン・スタンレーは、FTSE100が最大で19%、ユーロ圏の主要指数であるSOXX50が14 %下落すると見ていると伝えました。

悲観論、特にヨーロッパの株式に対する悲観的な見方が強いです。

[June 27, 2016 NY 004]

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/07/17 10:06決算シーズン本格化「ナスダック最高値」先週のニューヨーク株式相場は堅調でした。トランプ政権が11日水曜日に、中国から輸入される2000億米ドル相当の6000を超える品目に10%の…
  • 2018/07/09 09:55自社株買いでも上がらない「貿易戦争VS雇用統計」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。週半ばに「独立記念日」を挟んだため、短い週でしたが、通商政策の大きなイベントがあり、…
  • 2018/07/02 10:04ブル相場が2020年に終わる?「薄暗い雲」第2四半期(4−6月)が終わりました。トランプ政権の通商政策に大きく揺れた3カ月でした。ダウは先週後半に戻し、四半期最後の取引日となった…
  • 2018/06/25 12:07貿易戦争が大企業に打撃、基調変わるか「ダウ2%安」先週のニューヨーク株式マーケットは、アメリカのトランプ大統領が仕掛けた「貿易戦争」に揺れました。ダウは8日続落後、22日に反発しました。週間ベース…
  • 2018/06/18 09:04方向分かれる3つの米株価指数「S&P500横ばい」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。米朝首脳会談、FRBの会合、中国に対する制裁関税の発表、小売売上高をはじめ多くの経済指…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ