週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2017/09/11 08:04北朝鮮問題に揺れるNYダウ

「限定的な下げ」


テキサス州に甚大な洪水被害をもたらしたハリケーン「ハービー」の記憶が新しい中、「イルマ」が本土のフロリダに接近。また、メキシコ南部では大規模な地震が発生しました。一方、トランプ大統領は、身内の共和党幹部の反対を押し切り野党の民主党と債務上限の暫定的引き上げで合意しました。いずれも株価にネガティブ要因ですが、ニューヨーク株式相場は崩れませんでした。


ウォール街関係者の週末の必読紙とされるバロンズは、自然災害や政治不安の悪材料が相次いだにもかかわらず、株式マーケットが反応したのは、北朝鮮の水爆実験だけだったと解説しました。しかも、下げが限定的で、依然として過去最高値近辺にあると。


バロンズは、ハリケーン「イルマ」被害については、保険、ホテル、クルーズ会社などの下げを。そして、恩恵を受けると予想される自動車、エネルギー会社、災害関連設備会社などの上昇が帳消しにしたとする株式ストラテジストのコメントを紹介しました。連邦政府の債務上限引き上げ問題は先送りされ、目先の懸念が消えたとしています。


ダウは先週、189ドル(0.86%)下落。S&P500は0.61%安。ナスダックは週間ベースで1.17%下げました。悪材料が相次ぎ、米ドル指数が33カ月ぶりの低水準に低下、米10年債利回りが2.1%を割ったことなどと比べると、ニューヨーク株式マーケットの3つの主要指数の下げは限定的といえます。


第2四半期(4−6月)の強い決算が出揃い、第3四半期の決算見通しに楽観的なことが株価を支えていると指摘されています。


「イルマ、アップル、北朝鮮」


ハリケーン「イルマ」は、勢力が最も強い「カテゴリー5」から「カテゴリー3」に引き下げられました。ただ、大きな破壊力があることに変わりはありません。10日朝にフロリダ南西部に上陸、ゆっくりと北上しています。ケーブルTVの3つのニュースチャンネルは、先週後半から「イルマ」報道一色です。


フロリダ州に深刻な被害をもたらすことが予想されますが、先週同様、株価への影響は限定的だとみられます。


マーケットは12日のアップルの年次イベントに注目しています。iPhone8を発表するとみられますが、期待があまりにも大きいため、発表後にアップル株が大幅に下落、主要な株価指数を押し下げる可能性があるとの見方が一部であります。


スマホに関しては、サムスンが15日に新型ギャラクシー8の販売を開始します。


個別には、バロンズの最新号の表紙、巻頭記事となったナイキの動向が注目されます。ライバルのアディダスが大きく伸びていて、ナイキ株が10%下げる可能性があるとバロンズが伝えました。


海外要因もニューヨーク株式相場に影響する可能性があります。


11日、イギリス議会がブレグジット(イギリスのEU離脱)後にEUの法律を適用しないことを採決する予定です。議会投票の前後に政治が不安定になる懸念があります。14日のイングランド銀行の金融政策委員会も株価に影響するかもしれません。


マーケットが最も懸念しているのは北朝鮮問題。9日の北朝鮮の建国記念日には何も起こりませんでしたが、国連安保理が11日に、アメリカがまとめた新たな制裁案を採決する見通しです。結果次第で、北朝鮮が新たな行動を起こす可能性があると警戒されています。


「10月10日説」


韓国の原子力委員会は8日、放射能物質「キセノン133」が国内で検出されたと発表しました。北朝鮮が3日に実施した核実験の影響とみられています。


北朝鮮の建国記念日にあたる9日に、北朝鮮が弾道ミサイルを発射すると警戒されていました。しかし、金正恩委員長は、核実験を実行した科学者を招いた祝宴を催しただけ。「偉大な勝利だ」と称賛、核開発の強化を指示しました。


ワシントンポストは、北朝鮮が記念日に核実験やミサイル発射などの行動を起こすケースが多く、10月10日の労働党設立記念日に新たな行動を起こす可能性があるとする専門家の見方を紹介しました。新たに弾道ミサイルを発射する場合、実質的な目的より、政治的なメッセージになるかもしれないとしています。


元軍人のマケイン上院議員は、CNNに出演、北朝鮮が積極的な行動に出る場合、それが北朝鮮の絶滅を意味することをアメリカ政府が強く警告すべきだと述べました。


[September 11, 2017 NY 066] 
 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019/05/13 09:49抵抗したNY株式相場、鍵握る米中「ダウ2.1%安」ニューヨーク株式マーケットは、世界第1位と2位の経済大国の貿易摩擦に揺れています。トランプ大統領が、中国から輸入する2000億米ドル(約22兆…
  • 2019/05/07 10:04「関税」にらむNY株、次に何が起きる「急落から戻す」先週まで静かだったニューヨーク株式マーケットの振れが大きくなっています。トランプ大統領の5日以降のツイートがきっかけです。トランプ政権は今週、中…
  • 2019/04/29 10:08NY株振れるか、今週は材料豊富「S&P500とナスダック」去年12月に大きく崩れたニューヨーク株式相場が完全回復、先週の相場展開はそう感じさせるものでした。週間ベースのダウはほぼ横ば…
  • 2019/04/22 09:24退屈な相場展開と出口探る投資家「こう着相場」外国為替相場などと同様に、ニューヨーク株式マーケットでも「動かない」相場展開が続いています。バロンズは、あくびが出そうな「退屈な」状況だが、相場が…
  • 2019/04/15 09:23最速の世界株高、いつまで続く「動意薄も高値に迫る」現代演劇に大きな影響を与えたベケットの戯曲『en attendant Godot(ゴドーを待ちながら)』。先週のニューヨーク株式マーケット…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ