週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2017/08/07 08:52ダウとS&P500が異なる動き、新たな警告?

「ダウ、連日の最高値」

先週のニューヨーク株式相場はまちまちでした。

アメリカの各業種を代表する30社で構成されるダウは9日間続伸しました。8日間連続で過去最高値を更新しました。週間ベースでは1.2%上昇しました。強い決算を発表したボーイングなどが大幅に上昇、指数を押し上げました。

S&P500も上昇しましたが、週間の上昇率は0.2%にとどまりました。ナスダック総合指数は週間ベースで0.4%下げました。

指数の動きがまちまちなのは、指数の算出法の違いがあります。ダウは構成銘柄の株価が上がると指数に大きく影響します。これに対し、S&P500は時価総額で算出されます。ナスダックも、時価総額が最大のアップルの寄与度が非常に大きい。

ダウの30銘柄はいずれも大型株。時価総額が大きく、流動性が高い。大型株が大きく動くのは、相場の最終局面になるのが普通。ブル(強気)相場の最後の現象ではないか、との見方が一部で広がりました。

インベステック・リサーチのアナリストは、「いまから11月までの間に調整が入る確率が高い」とバロンズにコメントしました。特に9月に注意すべきだと。1960年以降のほとんどの年で9月に株価が崩れているとしています。

ニューヨークの3つの株価指数の異なる動きが調整前の兆しなのか。そんな警戒感が強まっています。

「まだまだ決算」

今週も、ニューヨーク株式マーケットの最大の材料は決算です。

IPO(新規株式公開)間もないソーシャルメディアのスナップ、そして食材の宅配サービスのブルーエプロンが四半期決算を発表します。

また、メイシーズ、ノードストローム、コールズなど小売大手が決算発表を予定しています。アマゾンなどの影響で苦戦している業界だけに注目されています。ディズニーやホテル大手のマリオットも今週、決算を発表します。

FRBの金融政策をめぐる思惑も株式相場に影響しそうです。ニューヨーク連銀のダドリー総裁らの発言、FRBが注目している消費者物価指数(11日発表)がマーケット全体の心理に影響する可能性があります。

ダウが最高値をさらに更新するか、S&P500とナスダックが大きく動くか注目です。

「トランプ大統領夏休み」

トランプ大統領がホワイトハウスを離れました。17日間の夏休み。ニュージャージーにある自らが所有するゴルフ場で家族と過ごす計画です。

トランプ大統領は、「ワーキング・バケーション」だとして、仕事をしながら休みを過ごすとツイッターに投稿しました。しかし、議会も夏の休会に入ったことから、アメリカの政治は今月いっぱい、ほとんど動かなくなります。

ただ、ロシア疑惑をめぐる報道は休みなく続きそうです。

ローゼンスタイン司法副長官は6日、フォックスニュースのインタビューで、モラー特別検察官は捜査の過程で浮上したすべての容疑、犯罪を捜査できると述べました。

モラー特別検察官がワシントンで重要な犯罪を審理する大陪審を招集したことがウォール・ストリート・ジャーナルの先週の報道などで明らかになりました。今後、断続的に、モラー特別検察官の捜査に絡む報道が投資家の心理に影響しそうです。

一方、ニューヨーク・タイムズは6日、2020年の次の大統領選で、トランプ大統領の再選を支持するかどうか、共和党が早くも慎重になっていると伝えました。混乱し、「カオス状態」だとしています。これに関連して、ペンス副大統領が出馬の意欲を見せているとの報道もあります。


 [August 07, 2017 NY 061] 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/07/17 10:06決算シーズン本格化「ナスダック最高値」先週のニューヨーク株式相場は堅調でした。トランプ政権が11日水曜日に、中国から輸入される2000億米ドル相当の6000を超える品目に10%の…
  • 2018/07/09 09:55自社株買いでも上がらない「貿易戦争VS雇用統計」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。週半ばに「独立記念日」を挟んだため、短い週でしたが、通商政策の大きなイベントがあり、…
  • 2018/07/02 10:04ブル相場が2020年に終わる?「薄暗い雲」第2四半期(4−6月)が終わりました。トランプ政権の通商政策に大きく揺れた3カ月でした。ダウは先週後半に戻し、四半期最後の取引日となった…
  • 2018/06/25 12:07貿易戦争が大企業に打撃、基調変わるか「ダウ2%安」先週のニューヨーク株式マーケットは、アメリカのトランプ大統領が仕掛けた「貿易戦争」に揺れました。ダウは8日続落後、22日に反発しました。週間ベース…
  • 2018/06/18 09:04方向分かれる3つの米株価指数「S&P500横ばい」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。米朝首脳会談、FRBの会合、中国に対する制裁関税の発表、小売売上高をはじめ多くの経済指…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ