週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2017/06/26 08:38ベア・スターンズ危機から10年

「IT関連株高い」

過去2週間にわたり売られたFAAMG(フェイスブック、アマゾン、アップル、マイクロソフト、グーグル)に代表されるIT関連株が買い戻されました。テクノロジー株の比率が高いナスダックは先週、1.84%上昇しました。

ヘルスケアも買われました。上院共和党が医療保険制度改革(オバマケア)の代替案を提示したことが好感されました。代替案は、下院の案と同様に加入義務を廃しましたが、低所得者向けの保険が縮小されました。さらに、財政負担が大きいことなどから5人の共和党の上院議員が反対、2人が慎重な態度を示しました。定員100人の上院で共和党は52議席を持っています。しかし、このままでは、可決の見込みがありません。マコネル上院院内総務は今週中の採決を目指しますが、非常に不透明です。このため、ヘルスケア株が伸び悩みました。

S&P500は先週、0.21%の上昇にとどまりました。ただ、テクノロジーセクターは2.3%高でした。ダウは上昇しましたが、上昇率はわずか0.05%と、ほぼ横ばいでした。

先週は、原油相場が下落基調にあるため、エネルギー株がさえません。エネルギーセクターは年初から14%下落しています。

バロンズは、ニューヨーク株式マーケットで、ヘルスケアとテクノロジーが大幅に上昇した反面、エネルギー株が下落したことについて、セクターのシフトが進んだと解説しました。

「ナイキとイエレン」

今週は、アメリカの耐久財受注、GDP確定値、PCEコアデフレータなどが発表されます。

決算は、ナイキとマイクロンテクノロジーに注目です。

イエレン議長の発言も材料になりそうです。ロンドンの27日のイベントで講演が予定されています。利上げを決めた今月の会合(FOMC)後の状況をどう見ているのか。今後の金融政策を占う上で注目されています。

APによりますと、S&Pグローバル・レーティングスが、アメリカのイリノイ州の格付けを投資不適格級に引き下げる可能性があると警告しました。年金の赤字が積み上がり、財政事情が悪化しています。州議会が対応を協議していますが、進んでいません。ジャンク債に格下げされた場合、投資家心理が悪化する可能性があります。

「あれから10年」

2007年6月。アメリカの投資銀行5位(当時)のベア・スターンズのサブプライムローン問題が発覚しました。世界的な「金融危機の始まり」とされています。あれから今月で丸10年。

ベア・スターンズのリスクを無視した過剰な投資が表面化したもので、ニューヨーク連銀の緊急融資を受けました。11カ月後の2008年5月30日にJPモルガン・チェースに吸収合併されました。ベア・スターンズが消滅しました。

バロンズは、過去の教訓を忘れるべきではないとするコラムを掲載しました。株価が最高値水準で取引されるなど、リスク選好ムードがあります。その一方で、米10年債利回りが低下、2.15%を下回りました。こちらは、リスク回避もしくは安全資産への逃避と言えます。

バロンズは、10年前の状況が繰り返されると心配するのは早すぎるかもしれないが、過去を無視することは新たなリスクを生むと警鐘を鳴らしました。

恐怖指数と呼ばれるVIXが引き続き記録的な低水準にあることも不気味だとの指摘もあります。


 [June 26, 2017 NY 055] 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/10/22 09:452019年の株式と米ドル、中間選挙の予想「まちまち」ニューヨーク株式相場は先週、その前の週に続く形で大きく変動しました。大幅に下落した後に、大きく戻る。1週間が終わってみれば、ダウは104ポイント(0…
  • 2018/10/15 09:31急落後はどう動くか。モメンタム株は戻るか「週間下落率4%」ニューヨーク株式相場が先週、大きく動きました。主要な株価指数であるダウが10日の取引で800ポイント超下落。世界同時株安の発端となりました。翌…
  • 2018/10/09 10:39米国債利回りにらむ相場「ダウ上昇も上値重い」週明け8日のニューヨーク株式マーケットは、コロンブスデーで薄商いの中、売りが先行しました。中国経済の減速懸念から人民元と上海株式相場が下落…
  • 2018/10/01 09:59ウォール街が予想する米中間選挙「対中関税とFRB」ニューヨーク株式マーケットでは先週、貿易問題と金融政策が2大テーマでした。トランプ政権は24日に中国からの輸入品目2000億米ドル相当に10…
  • 2018/09/25 10:12貿易問題と司法副長官めぐる不透明感「中国関連株が軟調」週明け24日のニューヨーク株式相場は下落しました。下げの背景は2つ。米中貿易戦争への懸念。そして、ローゼンスタイン司法副長官の解任騒動が株価…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ