週刊2分でわかるNYダウ

NYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

2017/02/13 08:26トランプ政策期待再び

「最高値更新」

ニューヨーク株式相場が再び「トランプラリー」モードに戻りました。

投資家は迷っていました。先週水曜日までは方向感がありませんでした。狭いレンジを行ったり来たり。それが9日木曜日に変わりました。きっかけはトランプ大統領の航空各社のCEOとの会合での発言。「2、3週間以内に目を見張るような税制案を発表する」と述べました。

イスラム圏7カ国の入国を一時禁止する移民政策、TPPからの永久離脱やNAFTA(北米自由貿易協定)の見直し。保護主義的な政策が先行したため、トランプ大統領の景気刺激への期待がしぼんでいた中で、大型減税を示唆する発言は、投資家マインドを改善させるには十分でした。「トランプラリー」が再開したとも言えます。

ダウは木、金と2日続伸、週間ベースで0.99%上昇しました。そして、S&P500は0.81%高、ナスダックは1.19%上昇。いずれも最高値を更新しました。

ただ、個別には、決算が弱かったバイオ関連大手のギリアドが急落。2017年の業績見通しが予想と比べて慎重だったGMも大幅安でした。去年11月の大統領選以降、トランプ政権への期待があまりにも大きかったため、企業業績やファンダメンタルズが無視されたと指摘されています。今後は、企業の業績をにらんで、やや慎重さが増すかもしれません。

「政策と決算」

今週のニューヨーク株式市場は、引き続きトランプ大統領の発言に左右されるとみられます。安倍首相との会談後の記者会見で、移民政策に関する新たな発表をすると述べました。減税に関しても、より具体的な発言をするかどうかが注目です。

CNBCのコメンテーターのジム・クレマー氏は、ニューヨーク株式市場の堅調さが今週も続く可能性があると予想しています。トランプ大統領のツィートと決算に注目。米国債利回りが上昇し、原油相場が上がれば、株式相場も高く推移するだろうとコメントしました。
決算では、月曜日の医薬品大手ティバ、火曜日のTモーバイルとAIG、水曜日のシスコシステムズ、アプライドマテイラルズ、ペプシコ、そして、金曜日のキャンベルスープなどが注目です。

今週14日には、FRBのイエレン議長が議会で証言を予定しているほか、3人の連銀総裁が講演します。相場に影響する可能性があります。

アメリカの経済指標は15日に発表が集中しています。小売売上高や消費者物価指数などが材料になりそうです。

「安堵」

日米首脳会談が終わりました。日本の首相の訪米を欧米メディアが今回ほど大きく報じたことは、筆者が知る限り過去に例がありません。首脳会談後の記者会見をケーブルテレビだけではなく、主要ネットワークが番組を中断して中継したことは異例中の異例です。日本が注目されたというより、トランプ大統領が同盟国にどう接するか、どう発言するかに注目が集まりました。

結果は予想外に「普通」でした。トランプ大統領は日米同盟を強化すると明言、貿易でも金融政策でも日本を批判することはありませんでした。

フィナンシャル・タイムズは、トランプ大統領がより伝統的な外交姿勢を示し、安堵感が広がったと報じました。とりわけ、安倍首相との2日間にわたる首脳会談で、意見の食い違いがなかったことは、注目に値するとしています。

今回の首脳会談の詳細は不明な部分が多くあります。特に、フロリダの別荘での2日目のやり取りのほとんどが明らかになっていません。今後、少しずつ内容が出てくる可能性があり、注目です。


[February 13, 2017 NY 036] 

NOTE

このレポートは、Market Editors が信頼に値すると判断した情報を基に作成されています。あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。投資に関しましては、投資家ご自身の判断に基づき決定してください。無断転載や引用を禁じます。

Market Editors
【データ提供】

PROFILE

松島 新(まつしま あらた)氏

執筆者

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。
ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。
平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。
現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018/06/18 09:04方向分かれる3つの米株価指数「S&P500横ばい」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。米朝首脳会談、FRBの会合、中国に対する制裁関税の発表、小売売上高をはじめ多くの経済指…
  • 2018/06/11 12:46悪材料に反応薄、「1998年リスク」は「予想以上の勢い」G7サミットをG6+1にするとフランスのマクロン大統領が主張。鉄鋼とアルミニウムの関税に対抗し、メキシコ政府がアメリカの農産物などに報復関税を…
  • 2018/06/04 11:20神経質なダウと対中貿易摩擦「輸入関税問題」先週のニューヨーク株式マーケットは材料が豊富でした。週前半、政治混迷を背景にイタリア国債が急落したことを材料に、株式相場が崩れました。ユーロ圏の…
  • 2018/05/28 09:10NY夏相場、嵐はあるか「悪材料の影響軽い」先週のニューヨーク株式マーケットでは地政学リスクが材料になりました。トランプ大統領は、金正恩委員長との会談中止を発表。イタリアは政局が不透明…
  • 2018/05/21 10:29ラッセル2000最高値、どう読む「決算終わる」ニューヨーク株式マーケットでは、四半期決算の発表がほぼ終わり、投資家の関心は、政治、経済のファンダメンタルズ、そして金利の動向に移りました。最近の…

「週刊2分でわかるNYダウ」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクエアはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ