株価指数ウィークリー・レポート市場調査室

日経平均は連休明け5/7に要注意!?

2019/04/23 16:02

(過去1週間のレビュー)

4月17~23日の日経平均は、22200円前後で推移し、比較的落ち着いた展開でした。米国が19日に祝日、欧州も19日と22日が祝日ということもあって手掛かり材料が乏しく、東京市場は様子見ムードが漂いました。日経平均の4月17~23日の値幅(高値と安値の差)は、約287円にとどまりました。

(今後の見通し)

日経平均は4月15日以降の7営業日にわたって22200円前後を中心に上下動を繰り返し、方向感が乏しい展開になっています。その要因として、米ドル/円やNYダウが足もとで膠着状態に陥っていることが挙げられます。米ドル/円やNYダウが方向感を持った値動きになれば、日経平均は再び方向感が生まれそうです。

今週は24-25日に日銀金融政策決定会合26日に日米首脳会談首脳会談の前には日米財務相会談が行われ、26日には米国の1-3月期GDP速報値が発表されます。それら経済イベントが材料になる可能性があります。日米首脳会談や財務相会談が波乱なく終わり、またGDPで米景気の堅調さが確認されれば、米ドル/円やNYダウは上値を試す展開になる可能性があります。

ただし、東京株式市場は来週(4/29の週)一週間休場です。その間には、FOMC(4/30-5/1)や雇用統計(5/3)などの米重要経済イベントがあり、米アップル(4/30)など米主要企業の決算発表も予定されています。米ドル/円やNYダウは連休中に大きく変動する可能性があります。その場合、連休明け5月7日の日経平均は大荒れになる可能性もあり、要注意です。

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。
※「M2J株価指数CFD」は、一部の銘柄を除いて連休中も通常通りお取引できます。詳しくは、「【重要】2019年ゴールデンウィーク期間中のお客様サポート体制について」をご覧ください。

*次回は5月7日(火)配信予定です。

 (シニアアナリスト 八代和也)

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)