週刊2分でわかるNYダウNYダウ平均株価の情報をタイムリーに、より分かりやすくお伝えするレポート

テクノロジー株に異変あり

2020/07/20 09:39

「下落したナスダック」

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化したことを受け3月に大きく崩れたニューヨーク株式相場。その後の大幅反発をけん引したのはアップル、アマゾン、ネットフリックスといったテクノロジー株でした。

ナスダック総合株価指数は年初水準から17%高い水準にあります。これに対し、幅広い銘柄・業種の指数であるS&P500種株価指数は年初とほぼ同じ水準。ナスダックはテクノロジー株の割合が大きい。FANG株をはじめ主要なテクノロジー企業がいかに買われているかを示しています。

ナスダックに先週、異変が起きました。最高値を更新していたアマゾンなどが大幅に下落することが増えました。ネットフリックスは決算後に弱いガイダンス(業績見通し)が嫌気され急落。ナスダックは前週比で1.1%下落しました。一方、S&P500は週間ベースで1.2%高。ナスダックとS&P500の差2.3%は2016年以来の大きさだとバロンズが伝えました。

アメリカを代表する30企業で構成されるダウ工業株30種平均は前週比2.3%高の2万6671ドルで1週間の取引を終えました。

「決算とワクチン」

20日の週のニューヨーク株式市場では、新型コロナウイルスのワクチンと決算が材料になると予想されます。

ランセットという有力な医療週刊誌が20日、製薬会社アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発するワクチンのフェーズ1(第1段階)の治験結果を掲載します。アストラゼネカとオックスフォード大学は現在、フェーズ3の治験を実施中ですが、初期段階の結果が市場全体の心理に大きく影響する可能性があります。

市場関係者が注目するのは主要企業の第2四半期(4~6月)の決算。幅広い業種の主要企業の発表が相次ぎます。

20日にIBM、21日はコカ・コーラ、ユナイテッド航空、テキサス・インスツルメンツ、ソーシャル・メディアのスナップなどが決算を発表。22日はマイクロソフト、電気自動車(EV)のテスラ、鉄道のCSX、23日が通信大手のAT&T、5Gのスカイワークス、ツイッター、インテル、アメリカン航空など。そして24日はハネウェル、アメリカンエキスプレス、通信大手のベライゾンが四半期決算の発表を予定しています。

決算の内容より、新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、企業が業績をどう見通しているかが材料になりそうです。

「追加支援」

17日午後、公民権運動の象徴的な存在だった連邦議会下院のジョン・ルイス議員が死亡しました。超党派の議員が哀悼の意を表明、全米で半旗が掲げられました。主要メディアはルイス氏関連のニュース一色でした。

ミネソタ州の白人警官が黒人のジョージ・フロイドさんを暴行死させた問題で抗議運動が全米に拡大しました。マーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師と活動を共にしたルイス氏の死で人種差別問題が再び注目を集めました。

ルイス氏を失った連邦議会が20日から新型コロナウイルスの感染の打撃を支援する追加救済措置法の本格審議を始めます。景気刺激のための救済交付金を誰に支給するか、今月末に切れる失業保険の週600ドルの上乗せ措置が延長されるかが焦点です。

下院民主党のペロシ議長は3兆ドルを超える追加支援案で合意が得られると自信を示しています。しかし、共和党が反対することが予想されます。ワシントン・ポストは19日、共和党は失業保険の上乗せ額を週600ドルから200~400ドルに削減する案を検討していると伝えました。

アメリカの雇用と消費を支えているのは手厚い政府支援と指摘されています。追加支援をめぐる議会の動きが株式市場に大きく影響する可能性があります。

週末に伝えられた大統領選に関する最新の世論調査では、民主党候補に確定したバイデン前副大統領の支持率のリード幅が拡大しました。トランプ大統領は劣勢を挽回するため、給与税の引き下げを含めた新たな税制改革を検討しています。8月末にも案が示されるとみられますが、少しずつ内容がリークされる可能性あり、注目を集めそうです。

週末に株式相場がまだ上に行こうとしているとの見方がありました。相場の方向は、決算発表、ワクチン開発の状況、議会とホワイトハウスの動きが決めることになりそうです。

[July 19, 2020 NY212]

※本文中に記載する内容は主に現物株をベースとしています。

筆者プロフィール

松島 新(まつしま あらた)

昭和60年慶大卒後、テレビ東京入社。 ブリュッセル、モスクワ、ニューヨーク支局長、「ワールド・ビジネス・サテライト」担当。 平成13年ソニー入社後、CEO室、ソニー・コーポレーション・オブ・アメリカのバイスプレジデントなど歴任。 現在、金融情報サービス会社Market Editorsにて、エグゼクティブエディター(ジャーナリスト)として情報提供に携わる。ロサンゼルス在住。

  • ※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • ※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • ※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • ※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

タイトル一覧(月別)

topへ